FC2ブログ
プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
2018/11/24 九十九里
朝の一発目は、比較的ウチから近いサーフに入ります。
朝日が昇り、朝マズメの時間に突入しましたが誰も釣れた様子はなく、ベイトっ気も無く、鳥も居ません。
20181124_1.jpg
濁り具合も少し強いかな?と感じたので、早々に見切りをつけ、ポイントから一番最初に撤収しました。

2箇所目は、最近良く行くサーフです。
良くはないですが、釣れない雰囲気でも無かったのでラン&ガンしましたがノーバイトでした。
20181124_2.jpg
20181124_3.jpg

一休みの後の夕マズメ狙いは、大会参加者の兄邪、すずSAN、山田くん、REDさんと一緒にサーフへ。
良さそうなポイントを見つけては攻めますがノーバイトが続きます。
そして夕焼けになったころ、山田くんにヒット!
20181124_4.jpg
ソゲ~
\(^ー^)/

下げ潮になり、地形の変化が明確になってきました。
サーフ全体で潮は左から右に流れています。
夕マズメの時間、ベイトを追って移動するヒラメは、寄せ波のシャローからやってきて、流れに乗って移動を繰り返し、離岸流で沖に戻って行きます。
20181124_5.jpg
先ずはシャローの中のちょっとした深みを探ります。
光量が少なく、濁りも入っているので、攻めるのはボトム付近。
この流れ、潮位、向かい風…この条件から選んだルアーはピンテールチューン27です。
キャストして、ボトムに落とし、ボトム30cm上までチョンチョンと上げてフォール。
リフト&フォールというよりは、ボトムパンプですかね。
その繰り返しで潮を追うように右へラン&ガン。
20181124_7.jpg
そしてシャローのショルダーまで移動したとき、流れに乗せたフォール中にゴン!
20181124_8.jpg

ズリ上げたのは山田くんのと全く同じサイズのソゲでした。
20181124_9.jpg

その後、風が止み、と~っても釣れそうな雰囲気になったのですが、誰にもヒットはなく…
(>_<)

終了~!
お疲れ様でした。

2018/11/17 内房&南房
午前中は内房サーフ、午後から夕マズメは南房サーフ。
ノーバイト
(ToT)

20181117_1.jpg
20181117_2.jpg
20181117_3.jpg

夜はアジングです。
しか~し、アジングのほうも1時間以上ノーバイト。
ただ波風共に穏やかで、久々のやる気スイッチON!
ヽ(`□´)ノ

ClearBlueのキャスティング南柏店 オリジナルカラーのをセットして、ボトム付近をフワ~リフワリ…

コッ

と、小さなけいど明らかなアタリにアワセると重量感!
「尺メバっ!?」
メバルの自己レコードは34.5cm。
感覚的にはそれに近い重さです。

メインラインは2ポンドのナイロン。
リーダーはフロロ 2.5ポインド
それに合わせてドラグも締め気味。

ロッドを立て、腕は伸ばしたまま
不意の突込みは腕のクッションでカバーして
それでも時折鳴るドラグ、
岬状の突端を回り込むように左に走る魚、
左の肩越しに目についた低い磯、
ランディングはそこの斜面にずり上げることに

少しずつ、
少しずつ浮かせ、
広がる波紋
『もうちょい!』

時折突っ込む魚
それをロッドワークでいなし

ゆっくりと、
ゆっくりとランディングポイントに魚を寄せます。

海面に魚の作る波紋、
また空気を吸わせられなかった・・・

と、急な突込み、
海面と水平になるロッド、
ジッ、
一瞬のドラグ音
プンッ
( ▽|||)

おしまい

魚との距離が縮まった後、ドラグを緩めなかったのが敗因だろうな~

2018/11/10 南房
午前中は磯から初めてのカワハギ釣りをしました。
20cmくらいのを2枚釣って、そのあとはアタリが無くて…っつーか、仕掛け回収中に交わすのが難しい根があり、用意した仕掛け全ロストです。
次回のカワハギ釣りには、良い勉強になりました。

で、夕マズメはサーフでヒラメを狙います。

少し濁りの入った沈み根サーフ。
ルアーをヒラメに見つけてもらうにはレンジを下げたいけど、下げすぎると根掛かりが…
いくつかのFミノーを試し、レンジ的にサーフェスイング147Fがベストと判断します。
ファーストリトリーブとスローリトリーブを交互に混ぜて、根掛かり回避&高アピールを演出し…
20181110_1.jpg

で、ドン!

アワセを入れると超重量感
やっちまいました
(>_<)

ロッドティップを下げ、根掛かりを外そうと・・・
その瞬間、
超トルクフルなパワーがロッドにかかり、
ジーーー
ドラグが、
フッ…
(◎o◎)

根掛かりと間違う程の大物、引きのトルクもかなり強く、感覚的には座布団確定!
だったんだけどな~
┐(´~`;)┌

終了っ~!

アワセはしっかり入れたし、フックの先も鋭いし、バレた原因はラインを緩めたからかと…


2018/11/3 九十九里
水温分布図をチェックしたら、茨城サーフで釣れそうな雰囲気がプンプン
でも、家から一番近いサーフは、こんな凪ぎじゃないと攻められないので99里へGO!

ちょー遠浅のサーフ。
下げてなかったら水深30cmが50mも続きそうなぐらいちょー遠浅。
20181103_1.jpg

そのサーフを変化を探しながらラン&ガンします。両サイド1km以内に釣り人は居ないので攻め放題!
ちょっとした変化を見つけては各種ミノーとぶっ飛び君で攻めいきます。
波打ち際の引き波の下、小さな深みがボコボコあるところは縦潮流になるので、そんなポイントはじっくりめにあれこれ攻めます。
20181103_2.jpg

そんな小さな深みがボコボコの水の流れていない流れ込み前ポイント。
ヒラメの活性は高い時期なので、シャロー用ミノーのima 魚道 110 SRをクリクリとリトリーブしてバタバタアピール。
20181103_3.jpg
ルアーを追って波のブレイクでバイトするか?
ブレイク沿いを海岸線と平行に移動しててルアーを見つけてバイトするか?
どちらにせよバイトポイントは波がブレイクするカケアガリと予測。
扇状にキャストしてリトリーブを繰り返します。
そしてルアーが波のブレイクを越える少し前、ロッドを立ててワンアクション。
その瞬間、ゴン!
アワセを入れると、しっかりとした重量感
o(^-^)o

引きもヒラメに間違いなし。
20181103_6.jpg

ヒット状況からテールフック1本の可能性が高いので、絶対にテンションを抜かぬようロッドを立ててヒラメを浮かせます。
あまりサイズはない感じなので急ぎ気味にズリ上げ!
やっぱりテールフック1本!
ズリ上げ直後にフックアウトしたけど、ギリセーフ
(≧∇≦;)
20181103_4.jpg

本年初、久々のヒラメは42cmでした。
20181103_5.jpg
(↑Buddy Worksロッドスタンド)

その後、別なサーフへ移動。
準備をしていたら、ヒラメを持ったアングラーの方々が上がってきたのでご挨拶。
上がってきたのは、吉田ブラザーズさん、九十九里鮃さん、KOOさん達でした。
圧巻は、まるで80アップ!
肉厚でド迫力の座布団!
20181103_7.jpg
おめでとうございました
m(_ _)m

雑談の後は1人でサーフに入り、かっ飛び棒を中心にカケアガリの奥を攻めながらラン&ガン。
20181103_8.jpg
しかしバイトを得られることもなく満潮少し前にお昼寝へ。

下げ潮になったタイミングに起き出してサーフをチェックすると、既にアングラーが2人入っています。
良いポイントには入られてしまっていたので、南下して、すずSAN、朝寝坊さんと合流。
20181103_9.jpg
そこで暗くなるまで攻めまくりましたが、ワンバイトのみ。
すずSANがホシザメを捕獲したタイミングで終了としたのでした。
20181103_10.jpg

潮色 : やや濁り
水温 : ―
釣果 : ヒラメ 42cm
ルアー: ima 魚道 110 SR イワシ
ライン: よつあみ G-soul X8 1号/ リーダー: TORAY 銀鱗 6号
ロッド: JUMPRIZE ALLWAKE 105 MULTI
リール: SHIMANO STRADIC 4000
ヒット時刻: 7:10
ヒット場所: カケアガリ
特記事項 : 海鳥が数羽浮いていた。

2018/10/13 九十九里
先週末に続いて再び99里サーフへ。

朝は風も弱く釣りやすかったんですが、一ヶ所目に入った場所が悪かった。
地形の変化が弱く、横流れが強すぎて×。
早々に移動して2ヶ所目。
20181013_1.jpg
むねちかさんと同じポイントを叩きます。
が、ノーバイト。
むねちかさんは突堤に移動したので、そのタイミングで3ヶ所目に移動。
山田くんと合流しました。
20181013_2.jpg

ちょっと移動するだけで、違うもんなんだな~。と驚いたのが、風も波も弱いってこと。
離岸流とか、沖の横ヨブとかをラン&ガンしながら攻めますがノーバイト。

今朝は好調だったと情報をゲットしたので、4ヶ所目に移動。
20181013_3.jpg
でも、上げ始めるまで立ち込んで横ヨブを攻めますがノーバイト。
頭痛もツラくなってきたので、バファリン飲んでいったん休憩。

15時に開始。
潮が上げ、さっきまで立ち込んでいたところが今度はポイントです。
狙いは、上げ潮で横ヨブからシャローに上がってくるヒラメです。
水深は50cm~80cm、左からの風と左からの流れにぶっ飛び君をゆっくりとリトリーブ。
まずは山田くんがぶっ飛び君 ミディアムで37cmのソゲを釣りました。
20181013_4.jpg
狙いは間違ってません。
浅くてもヒラメは入ってきています。

かなり横に流されますが、誰も居ないし、それが狙いだし…

20181013_5.jpg
と、いきなりのドン!
中々の重量感にしっかりとアワセを入れるとジーっとラインが出ていきます。
で、直ぐに軽くなりました
(T_T)
休憩するとき、ドラグ緩めてそのままでした。
これじゃアワセが効きません
(-o-;)

その後はセイゴ1本釣って終了です。

まだまだ続くよゼロ更新
(>_<)