プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
マゴチをさばこう
ヒラメより捌くのが面倒な、マゴチの捌き方(5枚おろし)です。
最終的には、背側から2本、腹側から2本、背骨の5つを取ることができます。

最初に下記手順を読んでみて、全体の流れをイメージしてから捌き始めてくださいね。

1.釣り上げたときは、下図の赤線のところをナイフ等で刺して背骨を切断して〆ます。私は、キッチンバサミでやってます。
magochi_1.jpg

2.自宅に帰ってきてからは、胸ビレ、背ビレ、腹ビレ、尻ビレなどのヒレ全部とエラブタ部分のトゲ(小さい○印部分)をキッチンバサミで切除します。
magochi2.jpg

3.金ダワシか包丁でウロコを落とし、流水を当て全体のヌメリを落とします。
4.腹側にして、肛門のところからキチンバサミを入れ、内臓を切らないように身と皮をアゴの下まで切ります。次に、アゴのしたから左右のエラの下まで身と皮を切ります(赤線参照)。
magochi3.jpg

5.背側にして、4.で切ったエラの下から続けて切り、反対側まで切り続けます(赤線参照)。
magochi4.jpg

6.頭と内臓が繋がった状態で、頭と胴体が切り離せます。最後に、肛門のところが繋がっているので、そこを切ります。
magochi5.jpg

7.腹側から、背骨に残っている血を爪などでこそぎ落とし、全体を流水で洗い流します。
8.キッチンペーパーなどで、全体の水気をキレイにふき取ります。

※以降の手順に入る前に、なべ用で身を取りたい場合は、肛門のところからぶつ切りにして、頭側をなべ用、尻尾側を刺身用にしてください。

9.下図は、身を横からみた図です。背側と腹側の境目に側線があります。次は、ここに包丁を刺し、背骨に包丁の先を当てながら頭から尻尾まで側線に沿って身を切ります。
magochi6.gif

10.左右とも包丁で身を切ります(切込みを入れる)。
magochi7.jpg

11.腹側を上にして、尻ビレに沿って9.で入れた切り込みまで包丁を入れ、頭側から尻尾側まで切ります。
magochi8.jpg

12.これを左右行うと腹側の2本の身が取れるはずです。
magochi9.jpg

13.腹側には、尻ビレの骨が残っているので(上図の赤点線部分)、キッチンバサミで切除します。この骨は、鍋に入れてもヨシ、アラ汁に使ってもヨシです。
14.背側にして、背骨に沿って包丁を刺して、腹側と同じようにしてに2本の身を取ります。このとき、背骨に沿って包丁を入れた後、ヒラメを捌くときと同じように中骨に包丁を当てて削ぐような感じで身を落とします。
magochi10.jpg

15.このあとは、身から皮を引いて、刺身用に身を切っておしまいです。背骨、中骨は、アラ汁に使えます。

※思い出し思い出し書いたので、どこか手順が抜けてるかもしれませんが、そんときは自力で切り抜けてください。とりあえず、慣れろです。失敗したら、次のマゴチを釣ってきて再トライ!!です。