プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
2012/05/12 外房~南房
空が明るくなり始めたころ、ポイントを探してラン。

120513_1.jpg

しかし、前回のような攻めていて楽しくなるポイントは消滅してます。しかも、水の色が悪くて底荒れの濁りが入ってます。さらに、ちょっと良さそうなポイントは、ごっそりと海藻が溜まってて、そんなところにルアーを通した日にゃ~、最悪、ルアーロスト。お~怖っ

120513_2.jpg

そんなポイントを避けつつランガンしてると、やっと水の色の良いエリアに到着。
そのエリアで先行者の邪魔にならぬようあっち攻め、こっち攻め…
一度、バイトらしき感触でアワセたものの、腕に残った感触は瞬間的な重みだけ。魚だったのか?海藻だったのか?はたまた妄想だったのか?結局、その後は何も無いまま午前8時に終了。好調らしいデイライトアジングへ。

120513_3.jpg
↑余談ですが、房総の海岸近くでで良く見かける花。トベラといいます。


一人、堤防の先端でボトムを攻めてると、2gのジグヘッドのただ巻きにモソッとした感触が。風が強いので、疑わしきはアワセろ!にのっとりアワセると、かなりの重量感。引き具合からするとヒラメに近いソゲか?と思いつつ、ドラグをやや弱めに調整。
アジとは思えない引き具合、重さ、トルクフルな走りで、相手は流れに逆らいながら走しります。
そっちはダメー!
相手の進む先、そこにはこの時期特有の長~い海藻がだゆ~んと揺れてます。
ダメだって!
と海藻に突っ込ませないようにやりとり。
ドラグが鳴りラインが出ます。
巻く、ラインが出る。
それを繰り返しながら徐々に寄せては見たけれど、相手はとうとう海藻に突っ込んだ感じ。
それでも少しずつ魚を浮かせることができるので、慎重にラインを巻いて寄せてると、ついに見えた!銀色の魚体。尺アジ!
デカっ!体高のある魚体は、間違いなく以前釣った尺アジ以上!!
アジは、海面に浮上してバシャバシャやってます。それでもフックは外れません。海藻からラインも外れません。なぜ海面まで上げられたのかは不思議なんですが。
アジと海藻の間は30cmくらい離れてて、アジはそこそこ自由に泳げます。なので、ラインを弛めて更に自由にを泳がせてみましたが、それでもやっぱり外れません。このままの状態だとアジが弱るだけなので、意を決して少し強引に…

やっぱりライン切れ。自由になったアジ。アジはスーッと海底に向かって泳いで行きました。ラインは、激しくは絡まってなかったみたいです。
そのあとも、ま、色々あったけど、良型4匹のアジをキープしその場を撤収したのでした。

120513_4.jpg

タコを視野にいれつつ、ポイントを大きく移動、タコポイント近くのサーフへ。このポイントも縦潮流の出始めには、激しく海藻が溜まってます。この状態では波打ち際のカケアガリは攻められないので、手前は捨てて、沖狙いに徹します。縦潮流が作る沖の潮目、と、その周辺の沈み根、そこがポイント。遠くを攻めるので、ルアーはフュージョンを選びました。
リフト&フォールにストップ&ゴー。手前に来たら、海藻に絡まる前に急いで回収。
そんなこんなで攻め続けること3時間。結局、ノーバイトでした。
⇒動画へ

120513_5.jpg

さて、お次はタコing。
港の中でキャストしたり、堤防のヘチをちまちまとやったりしながら港内をラン&ガンします。
と、暗くなったスロープ近く。堤防のへちちまちまでモソッと重くなり、ようやく今期初のタコをGET!
ちょっと小振りですが、まあタコメシ&タコ刺しには十分な大きさで満足満足。

その後は、結構寒くなったので、粘らずに撤収しました。