プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
2012/06/30 鹿島灘
午前2時半、海に着く。
海からの冷たく強い風。
『やだなぁ~』 ←ホンネ
とりあえず1時間ほど仮眠。

で、午前3時45分アラームで起床。
やっぱり風は止んでません。しかも、キリ&大粒の霧雨まで降ってるし(><)

砂丘を越え、海岸の近くまで行ってようやく海の状況が見えました。
『おおっ?何、このアングラーの数』

20120630_1.jpg

20120630_2.jpg

ヨブを取り囲むようにアングラーが密集しています。
しかし!ちょうどヨブの真ん中、今日の状況では一番いいと思えるポイントがちょうど一人分空いてるではないですか!! (☆_☆)b
ってこで、そのポイントで釣り開始です。
ルアーは、向かい風が強いのでヘビサです。濁りも入っているので、ヒラメゴールドを使います。
が、大粒の霧雨がメガネに張り付き、視界不良。なもんだからルアーの軌跡&着水点を目で追えません。

が、そこは自分のキャスト腕を信じて、ま、いいか!ってことで。

風速3m、左前方からの強めの風、濁り、水深深めのヨブ、流れ強し。
こんな状況ならば、ルアーをあまり浮かせられません。
ただ巻きだろうが、ストッツ&ゴーだろうが、リフト&フォールだろうが、ちょんちょん巻きだろうが、なにがなんでも、とにかく海底から50cmを意識して、ルアーを操作します。
が、ノーバイト。

明るくなってきて、メガネを拭くと、そのクリアになった視界の先には知った雰囲気の体型のアングラーが雑談してました。近寄ってみると、ゴトかん、ピアノマン、moyarinです。
手を振ると、
『な~んだ、おにさんか』 (^^)
『どう?』
『あっちはのヨブはゴミがすごいよ、反対のあっちもゴミが、がんがん流れてる。』
『じゃ、ここが一番マシなんだ。』
などなど。
この状況、アングラーにとっては釣りにくいけど、魚視点だとたぶん過ごし易い。
ってことは、釣れそうってこと。
なので、元の場所に戻って釣り開始。

と、その数投目。
着底させ、スーっとリフト。
で、そのまま横の流れに乗せながらフォールしていると、プルプルっとアタリ。
『イシモチか?』
と思ったので、軽めにあわせると、空振り(´ー`)
その次のキャスト、同じような操作で、テンションを感じながらヘビサを流れに乗せてると、
ゴンゴン!
ギュッ!とアワセを入れます。
乗った!

20120630_3.jpg

45cm、捕獲成功です! (V^-°)

20120630_4.jpg
ポイントの⇒動画

その後、前回の釣行でピアノマンが釣り上げた場所に居たフジヤマさんに挨拶し、雑談。ちょっとだけあのときの話が気になっていたのだ。で、話をうかがうと、現場は今朝仮眠した場所だった ( ▽|||)

さて、気を取り直して釣り再開。
隣で釣りをしているmoyarinを眺めながら、リトリーブしていると、クンっとmoyarinのロッドティップが入った気がした。moyarinもアワセている。
が、どうもゴミらしい (^▽^)
ズリ上げてみると、やっぱりゴミ。
と、思いきや、
ゴミと一緒に、

20120630_5.jpg

手のひらサイズ (>y<)

低気温も、風も、波も、濁りも、ゴミも、ま~わずらわしい程度。
でも、メガネに水滴、視界不良がど~もうっとーしくて、かな~り早いけど、ヒラメも釣り上げたことだし、午前5時半撤収したのでした。

風向 : 北東
天気 : 小雨
潮色 : やや濁り
水温 : ―
釣果 : ヒラメ45cm
ルアー: ima Heavey Surfer 90 ヒラメゴールド
ライン: POWER Pro USA 10lb / リーダー: ユニチカ フロロ 12lb
ロッド: DAIKO PREMIER Bross PBS-1102ML
リール: SHIMANO BIOMASTER 4000HG
フック: C'ultiva ST-46 #6
ヒット時刻: 04:30
ヒット場所: ヨブ&横流れ
特記事項 : 5:00頃、同じヨブで50cm欠けるサイズがもう1枚上がっている
2012/06/24 鹿島灘
ゴトかんに、あっちがいいと聞いていたが、経験しちゃってる者としては、そっちは車上荒らしが怖い。
だから遠くても、車は、ここに停めるのさ。

で、歩く歩く歩く…
投げる投げる投げる…

まだ暗い4時前に、ゴトかんから入電。
『50出たよ』
『早っ!』

で、歩く歩く歩く…
投げる投げる投げる…

120624_1.jpg

いいポイントがたくさんあって、楽しい(^O^)
途中、スーさんが居たので、
『どうですか?』
『ダメだねー』
『あっちでゴトかんが釣ったよ』
などなど…
で、
歩く歩く歩く…
投げる投げる投げる…

ようやく到着(^。^;)

『お疲れ~、どう?』
ポイントには、ゴトかんの他に、テヅカさん、監督、moyarinが居て雑談中。
『あの後は、テヅカさんが70upのシーバス釣ったよ。アタリは、有るんだけど、乗らないんだよね~』
『じゃイシモチじゃね?今朝は、何で釣ったの?』
『今朝もヘビサ。』
などなど…

120624_3.jpg

で、私もヘビサをくっつけて、横に並んでキャスト開始。でも最初の立ち位置は、なんか違う感がしたので、moyarinを追い越して隣りへ。で、その1投目、フォール中のヘビサにプルプルっとアタリ。
グッと合わせて、上がってきたのは、尺UP確実の太っとい良型イシモチ。

120624_2.jpg

これを直ぐにリリースして、キャストを再開するも、その後は、ノーバイト。
他のみんなも、そんな雰囲気なので、徐々ににランガンスタイルに戻り、このポイントから撤収。

歩く歩く歩く歩く歩く…
投げる投げる投げる…

ん~、ノーバイトか!唯一の収穫は、打ち上げられた大ハマをゲットできたことくらい。

かなり車の近くまで戻ってきて、なかなか良さげなポイントで楽しんでると、隣りのアングラーが、
『おにさんですよね?この間は、房総で遭ったんです。』
『確かに。』
『今、そこでソゲ出ましたよ。あっちでは、仲間が50upをズリ上げ失敗して…』
と、ナイスな情報を頂く。
が、無性に腹が減り、急に疲れが出たので、お別れを言って一旦車に撤収。
買ってあったオニギリ2個を完食し、ポイント移動。
またまた朝のゴトかんポイントへ。

着いてみると、ピアノマンとテヅカさん。テヅカさんは、あのあとメタジで43を、ダウンショットのおじさんは2枚だしてるらしい。
『ヒラメは居るけど、口使わない感じです。』
とピアノマン。

が、その直後、シャローとヨブの境目の縦潮流を攻めていたピアノマンが、な~んとなく波打ち際でファイトしてる感じ。
でも、ロッドが曲がってない。
でもやっぱし、ファイトしてる感じ・・・
『もしや、これが噂の曲がらないロッド?!!』

120624_4.jpg

なんか、と~っても珍しいものを見たようなそんな気持ち。

120624_5.jpg

おおっ!おめでとう!!

20120624_6.jpg

立派な53cmでした。

20120624_7.jpg
↑ ピアノマンが釣ったポイント と、その⇒動画

その後は、そのヨブを中心に両サイドを攻めてみるもノーバイト。
と~っても釣れそうだったのに、情けな~ _| ̄|○
2012/06/02 鹿島灘
日の出が4時半ごろ、明るくなってくる時間は、晴れなら約1時間前。
午前3時15分起床、睡眠時間30分。でも、ここのところ好釣果の鹿島灘。の~んびり寝てる場合じゃありません。準備中にゴトかんがやってきたのでご挨拶。
『んじゃ、のちほど!』
ってことで、それから準備10分、ポイントまで歩くと15分。

20120602_1.jpg

風はなく、気温もほど良く、波も良し。
『楽しく釣りができそうだ!』
ポイントチェックしつつ、ゴトかん目指してサーフを歩きます。途中、ここはいいんじゃない?見たいな場所AとBを見つけ・・・で、連日好釣果をたたき出しているヨブでゴトかん発見。
話の通りに浅めのヨブ、
さらに言うなら、な~んのへんてつもないヨブ、
もっと言うなら、なんでここが!?ってなヨブ。まだまだポイントの見立てができてないなと・・・

ちょこっとそのヨブを攻めた後、まだ潮位が高いということもあり、一旦このヨブを離れて、目を付けていたいた浅目のポイントBを探ります。そのポイントを探りつつ、遠くに目をやるとアングラーが徐々に増えてきているのがわかります。
ポイントBは、浅めのヨブに波がそれを囲むようにブレイク、そのヨブから右のカケサガリに水が流れる・・・そんなポント。そこを裂波、タイドミノースリムなどなどで攻めてみます。そうこうするうち、ポイントAは別なアングラーが・・・さらにふーすけさんがやってきて、私を追い越しゴトかんヨブへ、りょうさんも、おっ!岩さん、お久!ひらぼうさん・・・ぞくぞくと終結。
20120602_2.jpg

20120602_3.jpg

そして、『釣ったゾ!』の釣果時間からも分かるように、時合いの時間、4時半をむかえました。
いっそう慎重にキャストをし、
『やっぱソフトルアーじゃないとダメなの?』
と思っては交換してみたり、
『でもこの感じなら、やっぱシャロー系ミノーでしょ!』
って交換してみたり・・・
と、4時50分。
グン!っとロッドが入ります。HIT!
ポイントAに入ったアングラーです。
しばしのやりとりで、無事にズリ上げられたのは49cm。おめでとうございました。

その後、沖に鳥山が立ち、沖から逃げてきたイワシがバラバラっと打ち上げられます。
アングラーの気持ちがいっせいに高揚する瞬間です。

20120602_4.jpg

みながゴトかんヨブに終結し、あれやこれやで集中砲火。

20120602_5.jpg

そんな中、岩さんがやってくれました。
貴重な1枚。私は、遠~くに離れていたので、サイズ等は不明です。

そして、遠くのラン&ガンからゴトかんヨブに戻ってみると、房総から遠征してきていたシーナさんと新人君も撤収、残るはピアノマンのみ。2人でしば~らく攻めてみますが、やっぱりノ~バイトなんですなぁ
水の色とか、潮の流れとか、朝よりも数段よくなったんですが。

20120602_6.jpg

粘るピアノマンと別れ、車へ戻りながらもうひとラン&ガン。
左から右へ強い流れのある横ヨブで、ひらめっぱりオリカラのヘビサを流しながらリトリーブ。徐々に徐々に右へと流しながら歩いていくと、流れが弱くなるポイントが。
『ここかな?』
と、ちょっとひらめくものがあったので、ストップ&ゴーとか、リフト&フォールとか・・・
と、そのフォールにゴン!

20120602_7.jpg

43cm、久々のGet!です。

20120602_8.jpg

20120602_9.jpg

動画

睡眠時間30分、朝、サーフに立ったのが3時半、釣り終了が10時過ぎ。一度も座ることなくラン&ガンし続け
釣れて良かった~! (^¬^)

風向 : 無風~北北東
天気 : 晴れ
潮色 : 濁り⇒やや濁り
水温 : ―
釣果 : ヒラメ43cm
ルアー: ima Heavey Surfer 90 ひらめっぱりオリカラ
ライン: CASTAWAY 20lb  / リーダー: ユニチカ フロロ 12lb
ロッド: DAIKO PREMIER Bross PBS-1102ML
リール: SHIMANO BIOMASTER 4000HG
フック: C'ultiva ST-46RD #6
ヒット時刻: 10:00
ヒット場所: 横ヨブ
特記事項 : ラインは、最低100mは巻いておくこと!潮位、風で状況は一変する!

2012/05/26 外房~南房
20120526_1.jpg

水の色良し!潮の流れ具合、良し!
このサーフでは、ここが一番!と思ったポイントで粘るものの、ノーバート。
各所で釣っていたアングラーも誰も釣ることはなく・・・ちぎれた海草が多く、底荒れから回復していなかった?

20120526_2.jpg

釣りの途中、上手くサミングできていなかったことが原因で、回復困難なひっちゃかめっちゃかな結び目を作ってしまい、数十mのラインをロスト (><)

20120526_3.jpg

20120526_4.jpg

2箇所目、
イワシが打ちあがったものの、ノーバイト。
ポイントにこだわりすぎ?
もっとがむしゃらにキャストしていくべき?

20120526_5.jpg

3箇所目、
駐車場で見ていると、先行のアングラーが1枚釣り上げた。⇒釣ったゾ、ひろっぺさん
けど、私にはノーバイト _| ̄|○

12~14時、潮位が下げればもっと良くなると考え、昼寝の後の4箇所目も3箇所目と同じ。浅い、深いのメリハリができて、横潮流からの縦潮流へ変化するポイントがあったりと、釣りをしていて楽しいものの、ノーバイト。
徐々に台風からのウネリのような波が出てきて、底荒れからの濁りも出てきたのでポイント移動。

20120526_6.jpg

5箇所目、比較的、波の穏やかなポイント。
それでも、時折、ウネリが入る。
と、そのウネリに押し上げられて、大量のカタクチが打ち上げられた ( ̄ー ̄)

20120526_7.jpg

が、ここでもノーバイト (--) 雰囲気、悪くなかったんだけど・・・
ん~、房総の釣り、しばらく房総から離れる間、反省しながらちょっと釣り方を考えてみようかな?


ちなみに夜、タコing・・・ノーバイト ⇒ アジング・・・1匹