プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
2012/10/27 外房~南房
出発ぎりぎりの午前2時、最後のナウファスチェック。
鹿嶋港の波は、この30分で30cm JUMP UPして1.5m over。
天気図、風、そしてナウファス。
この3つの情報から、今週末の茨城釣行は無しと判断。
房総へと出発したのでした。

なんとか日の出前に到着し、波をチェック。
OK!OK!全然OK!
風もOK!

20121027_1.jpg

ってことで、先行アングラー方々の後方10mを通り過ぎ、サーフ中央の離岸流へ。
その離岸流の北側は先行者がいたで、南側を攻めます。
まだ潮位が高いので、ヘビサ?ソフトルアー?と思案。
が、どちらも基本的にはミノーのフォロー的存在なので、ひとまず魚道110MDのアカキンで。
狙いは、右からの横潮流が縦潮流に変わる変化点。
ちょうどその境目にルアーを落とし、横に流しながらカケアガリの上を通過させるのが狙い。
時折、いい感じに広がった白波の中にルアーをキャストしてみる。
クリクリクリクリ・・・
手前のカケアガリでルアーが底を擦る。
頭の中に海底の地形をイメージ。
波は高めなので、時には、波のタイミングを見計らってキャストする。

波が高めなときは、タイミングを計ってキャストするのも重要。
なぜなら、ヒラメは捕食がヘタだから。
ボトムから20~30cm上に跳ね上がって捕食する分には大差ない。
けど、ヒラメの捕食はそのパターンだけじゃない。
追いかけてきてパクッ!
ならば追いかけやすい状況の時にルアーを通すほうがいい。

20121027_7.jpg

波のセット・・・中中大中・穏
ってことで、大きな波が崩れた後、その次の波が崩れそうな時にキャスト。
すると波の中じゃなく、流れの中にルアーが通せる。
な~んて色々考えてキャストしてみるけど、ノーバイト。
ヘビサ、パワーシャッド5インチ、ヒラメリミテッドでもノーバイト。

20121027_2.jpg

次は横ヨブ。
流れの起点から、グラスミノーLのピンクグローを流しながらラン&ガン。
ノーバイト。

20121027_3.jpg

横ヨブの終点の縦潮流。
ここも朝の離岸流と同じように攻めてみるも、ノーバイト。
この朝、不穏な動きをしたアングラーが居なかったので、たぶん誰も釣れてなかったかと・・・
もとい!
まだ駐車場に居るとき、白波の中から1枚出した人がいたっけ。
ロッド曲がってなかったし、やりとりも楽そうだったからソゲだと思うけど・・・?

さて、移動!
次は、朝寝 (^▽^;)
時間は9時ですが、寝てなかったので眠くなってしまって。

目が覚めて、海を眺めながら昼食。
何箇所かポイントをチェックしてみるけど、どこも波が気に入らない。
寝てる間に波がサイズアップ (><)
東からの強めの風も吹いていて、波と風とサーファーと、どこもしっくりとこない。
で、決まった次のポイントは、沈み根絡み。
波は無いけど、潮目が出たりして、ゆ~っくりと流れてる。
数cmの小魚が入っているので、食物連鎖でヒラメの可能性も無くはなし。

20121027_4.jpg

ここは、潜行深度が浅くもなく深くもなくのDUO タイドミノースリム140 FLYERで攻めてみます。
ゆっくりとラン&ガンし、沈み根が無くなるその境目。
もっとも気になるこの位置で、何度かキャストしていると、グッ!
アワセ
ラインブレイク (><)
なんで~?
切れたところを見てみると、スナップとの結合部分。
スナップを結ぶとき、爪でキズつけた?

で、夕マズメ前、このポイントはヒラメが移動して来るってのは可能性が低い。
なので移動。
お次は、↓
20121027_5.jpg

写真の通りいまいち変化に乏しい地形。
ただ、大きな波も小さな波も同じところでブレイクするので、そのカケアガリの傾斜は強烈。
ボトムが底荒れしてる可能性が少ないため、この夕マズメにヒラメが移動してくる可能性大。
さらに、ここは流れ込み前。
可能性大×2 ( ̄ー ̄)v
ここをヘビサで攻めまくり。
ストップ&ゴー
ボトムバンプ
スローリトリーブ
でかなり暗くなるまで攻めましたが、ノーバイト (><)

さて夕食後の午後8時、なんか納得の行かない私は、港から狙います。
ルアーは、パール系ソフトルアー。
常夜灯は道路の外灯。
でも近くはないので、たとえパールとて、手元に来るまでルアーを見ることができないくらいの暗さ。
堤防の上から暗いサーフヘキャスト。
リフト、フォール・・・
リフト、フォール・・・
雨が降ってきました。
でも、めげません。
リフト、フォール・・・
リフト、フォール・・・
結構な強さで雨が降ってます。
でも、止めません。
リフト、フォール・・・
リフト、フォール・・・
リフト、フォール・・・モゾッ!

ヒット!

20121027_6.jpg

( ̄ー ̄)v

  ・
  ・
  ・
  ・

_| ̄|○
すいません
ソゲです。
しかも、アジングで釣ったソゲです。
申し訳ない m(uu)m

2012/10/14~15 茨城県央
土曜は午前中に用事が入ってしまったので、夕マズメ狙いで昼過ぎに出発。
しかし、R6の柏駅前の渋滞にハマりやきもきしていると、忘れ物に気づく。
ソックス
ソックス無しでウェーダーを履くと痛くなるので、取りに戻ります。
再出発
が、途中でカメラを忘れたことに気づく。
今度は裏道中なので、順調に進んでいたのだが・・・やっぱ取りに引き返す。
で再々出発
これで1時間のロス (><;)

海に着くと4時過ぎ。そっから海で合流したひらぼうさんと友人さんと一緒に竿を出す。

20121014_1.jpg

最初のヨブは砂質が良くないし濁ってるしで、気に入らないのでヘッドランド脇へ移動。
と、まったくの同じタイミングでひらぼうさんも移動開始。
流石、私と時を同じくしてヒラメ釣りを始めた人だ。
こんな時も同じタイミングとは。
で、ヘッドランド横。
流れ具合は、60点だけど、さっきに比べたら水色も良く、数段上。
が、しかし!
こんなポイントでの釣りを想定していなかったので、ベストにはヘビサ1個とメタジだけ。
とりあえず、20gのGUN吉で、ただ巻き、リフト&フォール、流し釣り。
数回、なんかが当たった気がしたけれど、モッチかゴミか?
最後に、ひらぼうさんにソフトルアーを借りて流してみたけど、ノーバイト。
終了です。

夜は、港でタコ。
ひらぼうさんが3m前を先行し、私はそのあとを追いかけながら堤防の際を攻める釣法。
前が釣るか?後ろにかかるか?
で、ランすること30分位?
もよんと重くなったので巻き巻き・・・
ぶしゅー ミ(。:)
500g位のをゲット!
その後は、当たらないので、用事のあるひらぼうさんは撤収。

20121014_2.jpg

私は、アジロッドに持ち替えてアジ狙い。
風が吹くまでポツポツ釣れ、吹き始めてからはパッタリ。
浮いてたアジが沈んだと思い、ボトム狙い。
それで1匹追加。
オナカが空いたので、それで終了。
ガスコンロで湯を沸かし、カップそば。
が、ハシを忘れて・・・
フッと地面に落ちてる割り箸に目がいく。
1本だけ。
そのそばには、袋に入って放置されてる食べ終わった弁当。
『使うか?煮沸して、洗えば・・・』
しばし葛藤。
汁をすすりながら思案する。
が、やっぱ嫌。
結論:
カップそばの蓋をアルミ部分を外側にして、先端を細くなるように巻く。
こうすると、蓋の外側が汁に触れる率も下がる。
なので、私の気分的にも問題なし。

で、なーんの不快感を感じることもなく、そば完食 (´ー`)b
んでもって、朝まで熟睡。

翌朝、コンビニの駐車場で寝てるいせやん&仙人を起こしポイントへ出発。
彼らの目覚ましより30分早く起こしてしまったが、あのタイミングだったからこそ・・・

20121014_3.jpg

ゆる~い追い風。
波程よく。
雰囲気的に水深2.5m
なので、ヘビサから。
ボトムを取って、ゆ~っくりとただ巻き。
流れは、ゆるいが右から左。
ノーバイト
リフト&フォールも
ノーバイト
ソフトルアーも
ノーバイト

遠くに目をやると、いせやんが慌ただしい。
『釣ったな!?』

20121014_4.jpg
↑45cm

その後も前も、このポイントに居るアングラー、誰も釣れていないので移動。
仙人は、用事があるのでここでお別れ。

20121014_5.jpg

浅いヨブ。
流れ、見た目以上に弱く。
沖のブレイクの直後のヨブをメインポイントと考える。
なので、ヘビサ。
ボトムを取って、早巻きのストップ&ゴー
少しずつ左に移動しながらラン&ガン
折り返しは、手前のヨブをターゲットにするので、ソフトルアー。
グラスミノーLのリフト&フォール
ノーバイト (><;)

と、いせやんから入電
『マイナス30さんが、3枚釣ったポイントに居ます。』
『りょーかい』

20121014_6.jpg

ポイント・マイナス30に到着。
流れは左から右。
そこから流れは沖へ。
そんなヨブ。
いせやんが左、マイナス30さんが右
私は、その真ん中
『からまったら、ゴメンね~~~~!!!!』
と大声で誤っておく。
弱い向かい風。
横の流れが結構速い。
そして波打ち際のカケアガリは、ぐしゃぐしゃ。
なので、選んだのはメタジ。
右よりに投げ、リフトしてテンションフォール。
『速いな~』
予想よりも流れが速いので、ちょっと思案。
でも、思案中にマイナス30さんが帰宅するというので、釣ったときの状況を聞いてお別れ。
そのままマイナス30さんが釣っていた場所にon
しかし、まぁ、このあとはいろいろと投げまくったんですが、結果、ノーバイト。

20121014_7.jpg
最後は、横ヨブ。
流れは左から右。
じーっくりとグラスミノーLで流し釣り。
このポイントでは、いせやんが、シーバスらしいのをばらしたのみ。
私は、ノーバイトでした。

ってことで11時、撤収!