プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
コラム001 ダイワのルアー
釣行記だけだと、1ヶ月間書かないと広告が出ちゃうので、コラムってことでたまに何か書こうと思います。
結構覚えてるものなので、そのうち、幼少時代の釣りのこととかも書いておこうと思います。

1回目のコラムは、なぜかダイワのルアーについて。

基本的に、ダイワのルアーって好きじゃないんです。
※ダイワfanの方、申し訳ない。ただの批判じゃないので、最後まで読んでね。
理由は明確!
ルアー名称に愛着が持てないから。
でも、ショアライシャイナーに搭載されている機能は気に入ってます。
だから使いたかった。
でも、愛着が持てないから使わなかった。
ショアラインシャイナー + 英数字
製品名というよりも、管理番号だよね。
個性を明確に表しているならまだしも、そうでもないし・・・
ロッドと同じ名称付けなくてもいいじゃん!?
鮃狂 フラットジャンキー
サブタイトルですか?英訳ですか?
R50・・・名品らしいけど、どんなルアーか想像がつかない。
5cmのミノー?
いいえ、12cmです。
R50+SSR F-G ・・・ 暗号ですか?
と、ここまでが私がダイワのルアーを使ってこなかった理由。
こんな考えする人間って、私だけ?
違うと思うんだけどな~?
でも、逆にそれが良いって人もいるってことか・・・
私の気持ちとしては、ショアラインシャイナーの名前がアルファベットの最後『Z』まで行ったことだし、これからは無機質な製品名じゃなくて、名前を付けちゃいかがですか?ですね。
名前を見て、
『おっ!カッコイイ』
『使ってみたい』
って思わせるルアーって、いいじゃん!

でも、でもですよ。
そんな私が、なんと!がまんできずに買ってしまったルアーがあります。
それは、
ショアラインシャイナー Z120 LD-S
20130427_column.jpg
名付けた理由もわかりやすかった。
120mm, Long Distance, Sinking
違う?
ま、いいや。
前述したけど、ダイワのルアーの機能は気に入ってるんです。
一般的な重心移動のルアーって、リトリーブするとカチカチ音がするでしょ?
これってマイナス要因じゃないのかな?
みんながこぞって同じポイントを次から次へひっきりなしに、
『カチカチ、カチカチ』
どうよ?
ヒラメも嫌気がさすんじゃないかね?
水中では、音がすごく響くし。
スピンドリフトやソフトルアーが好調なのって、このあたり関係無い?
少なくとも、プラス要因にはなってないと思う。

で、このカチカチ音を出さないのがショアラインシャイナーさね。
その中でも、Z120 LD-Sは潜行レンジが丁度いい。
50~140cm。
20gだから、重過ぎないし。
飛距離も出るらしい。
シルエットがリップレス風なのも気に入りました。
カタログ見て、買おう!
って、そっこう思いましたよ。
そして今日買いました。
2つ・・・買いたかったけど、1つです。
予想以上に安かったけど、1つです。
手には取りましたが、1つです。
ラインも買わなきゃならんかったので。

これからの茨城シーズン、活躍すると思います。

2013/04/20 外房
土曜夜は、雨降り確実。
尺メバリングもアジングもできなさそう。
だから金曜夜に、なる早で出発。
朝の釣りを始める前にアジングを予定する。
3時ちょい前到着。
1時間近くやってみたけど、不発。
私以外も不発。
ってことで、アジング終了。
日の出前にタックルを変えて、狙い。
こっちも不発。
誰も彼も不発。
海中に小魚1匹見えず。
鳥も見えず。
6時過ぎには、あきらめました。
帰りしな、釣りに来たアングラーに『おにさんでは?』と。
ちょっとお話しをする(^^)
でも、ベイトッ気&魚ッ気がないってことで一緒に撤収。
私は、各地を点々とチェック。
でも、鳥の気配ゼロ。
運を天に任せ、いい感じの潮目がある磯場で狙いしてみます。
もちろん不発。
ちょっとシーバスも狙ったりして・・・不発。
20130420_1.jpg

さ~て、今日も一睡もしてないので、そろそろ寝ないとな~と思いつつも、シーバスロッドにエギを付けて、移動先でエギング。
1時間ほどしゃくってみたけど、もちろん不発。
近所の港に移動して、昼寝です。

2時間半の爆睡後、13時半目が覚めました。
そして、当初から予定していたサーフへ移動します。
狙いは下げの時間帯。
が釣れていないこと以外は、ここまでは予定通り。
目的のサーフは、家を出る前から決めていた場所。
連日の風向きと強さ。
黒潮の具合と水温。
そして、このサイトで見れる潮の動き。
それらのデータから導き出したのが、そのサーフです。

到着直後、海を見て、思います。
『楽しめそ~!』
水の色、地形、波の立ち具合、茨城で見る離岸流やヨブといった1級の地形には程遠い。
でも、ヒラメやマゴチが居てくれそうな、そんな雰囲気。
そう思わせてくれる海です。
『釣れちゃうかね?』
20130420_2.jpg

まずは、定番のひらめっ波の手製アルミ張り。
流れを探りつつ、ゆっくりとルアーを引きます。
風の影響を受けぬよう、ロッドを寝せて潮の動きだけを探ります。
時折、ぬーっとした重みがロッドに伝わり、リトリーブするハンドルが重たくなります。
『潮、縦にも入るんだ』
そんなことをチェックしながら、左右のサーフを探ります。
全体的に横たわる横ヨブ。
ところどころに弱い縦潮流があり、でも全体的には左から右への流れ。
波打ち際のカケアガリは、小さいながらもしっかりとした傾斜あり。
ただ、縦潮流は離岸流とは呼べるものではなく、波の強さ、波の入る角度で水が抜けやすい所で抜けていってるだけって感じ。
で、もっとも安定的に縦潮流を感じ、波の立ち方も比較的一定を保っているポイントをひらめっ波で攻めました。
そして数投目、リトリーブしてる手元に『グッ』
ヒット!
立てたロッドがキレイに弧を描きます。
重量感( ̄ー ̄)
そして寄せ・・・の瞬間、軽く・・・
バラシ
『んー?ヒラメだったと思うけど、海草かな~?』
その後、何度かルアーを通しますが、重くなることは無く、AXでフォローを入れても重くなることは無く。
海草ならまた掛かりますもんね?
やっぱバラシです。

とりあえず一旦このポイントは休ませて、気を取り直し北の具合を探りながらラン&ガンです。
そこうしてるうちに、1人のアングラーがやってきました。
しばらくしてHIT!
やりとりの感じから、そこそこサイズはありそう。
ズリ上げ(16:00頃)。
遠目に見て、40アップはありそうな感じ。
『よしよし、やっぱヒラメ入ってる!』
他人事ながら、うれしい。
気合が入る。
北側の雰囲気のありそうな場所を探り終え、また少しずつ南へラン&ガン。
ここだっ!って明確なポイントがない横ヨブなので、少しずつラン&ガン。
彼も私と同調して、少しずつ南へラン&ガン。
バラシたポイントに近づき、一考。
『やっぱここは最も信頼してるルアーに頼るべき。』
『なら何?やっぱこれでしょう!ひらめっ波』
『今、この瞬間どこが一番良く見える?やっぱそこでしょう。』
ってこで、いっきに5mほど移動して、ここ数発の波が安定して入り、ブレイクと白波、深みがちゃんと判断できた場所。
そこを攻めることにします。
20130420_4.jpg
20130420_5.jpg

ひらめっ波をブレイクの裏に落として、テレテレリトリーブ。
ティップが戻る一瞬の間だけストップして、またリトリーブ。
すると、ゴン!
『ん!』一瞬の間・・
ググンッ!
で、アワセます。
HIT!
重量感、そして水平移動、ヒラメです(^^)
バラシの記憶があるので、『バレるな~』と願いつつズリ上げ。
ホッ!ε-(´o`;
20130420_3.jpg

で、彼に目をやると、さっきのよりも大き目をぶら下げてこちらに歩いてきています。
どうやら、タイミング的にダブルHITだった模様。

自己紹介後、ちょっと雑談して、『時合いかもしれないから、やりますか(^^)』
ラン&ガン再開
20130420_6.jpg
でも、その後は2人ともノーバイト。
日没過ぎて、雨風が本格的になってきたので、同じタイミングで終了。
彼は、ソゲとヒラメ2枚(45cm、55cm)の釣果。
私は、バラシと42cm。
この時期にしては、上出来の釣果なのでした。

さてその後、雨の中、近くの港でヒラメの血抜き。
その合間に、タコngしちゃいました。
不発(^^;)

さて、今回の釣行、かなり大満足。
何が?って、
連日の欠かさない、天気、潮、水温、波の具合チェック。
それらの情報からポイントを選定して、潮位を考え、時合いを考え・・・それらの読みが的中して釣果に結びついたってこと。
私のように内陸在住&運持ってないアングラーは、家を出る前から釣りが始まってるってことですかね?

天気 : 雨
潮色 : 澄み
水温 : -
釣果 : ヒラメ42cm
ルアー: ima sasuke ひらめっ波 アルミ張り
ライン: POWER PRO 10lb USA  / リーダー: ナイロン 20lb
ロッド: DAIWA MORETHEN SurfMaster 110ML
リール: SHIMANO BIOMASTER 4000HG
ヒット時刻: 16:55
ヒット場所: 横ヨブ、横潮流
特記事項 : ベイトは皆無。アジ不発、、不発、シーバス不発、イカ不発、タコ不発。

2013/04/13 南房
3月は、2回釣行しましたよ。
でも、サーフ釣行はなし。
ひらめ釣りもなし。
写真も撮ってないし。
なので、釣行記もないです。
ま、1回はなんも釣れんかったし、もう1回も大して・・・アジングで久しぶりのツ抜け18いったことくらいかな。

で、今回の釣行。
今回も朝イチは港を予定。
港について、ポイントに入れることを確認して、タックルを準備して、ガイドにラインを通して…いざ出撃!と思ったら、タモの柄はあるのにネットがない(T_T)
それでもやるか!と思案したももの、せっかく魚を掛けたのにネットが無くてバラすなんて、
魚に失礼だ!
と考えて、下げ5分位からを予定していたけど、急遽朝からサーフへ。

ポイントの駐車場に着き、サーフに向かっていると、撤収アングラーとすれ違う。
合計5人。
みんな手ぶら。
サーフには、見える範囲でアングラー5人。
波、無し。
鳥、無し。
地形の変化、極少々。
なので、たぶん潮の流れも少々。
そう、潮位が高いとこれだから、遅めのサーフinを予定してたのだ。

ということで、ロッドも振らずポイントチェック。
チェックしながら、潮位が下げたときのことをイメージする。
1往復するころには、アングラーの数が減り、潮位も下がり、届かなかったブレイクラインがキャストの範囲になった。

それに伴って縦潮流が入りだし、魚が跳ねた。
ボラ?

その縦潮流を目印に、周辺にルアーを打ちまくる。
sasuke140、裂波、120 LD、パワーシャッド、ローリングシャッド、そしてアレ…でも、ノーバイト。
キャストしていて思う。
『水、冷てぇ』
ウェーダーを通して感じる水温が、思っていたよりも冷たい。
『なら魚は、沖かな?』
で、FUSION 90投入して、ストップ&ゴー。
狙いは、60cm上。
巻く、止める、フォール。
散々投げたけど、ノーバイト。

よし!あっち行こ!潮位下がって状況変わったかもしらないし。
20130413_1.jpg

波打ち際を歩いて移動していると、朝チェックしたときの波打ち際が今の目線とほぼ同じ。
『さすが、大潮。でも、これじゃ朝のうちにミノー打っても、ヒラメは厳しいよね。』
こういった水位の変化が、時合いってのにも大いに関係してんだろうね。
水位が変わると、アレも変わるし、コレも変わるし、ああなったり、こうなったり・・・
そうこう考えながら、ガシガシ歩いていたら、あっちのポイント到着。

朝見たときは、まったりしてたのが、なんと!しっかりとした離岸流。
20130413_2.jpg
浅いところは白波が入り、いい感じで流れている。
で、ま、いつものようにルアーを打ちまくるわけですが、ノーバイト。
手は尽くしました!!

『う~ん、もう一回戻ろう!』
で、ガシガシ歩いて、さらに潮位の下がった最初のポイントへ。
20130413_3.jpg
潮止まりまで1時間。
投げて巻いて、投げて巻いて。
ルアー変えて、投げて巻いて・・・
リフトして、フォールして、巻いて止めて・・・
ノーバイト。
12時なので、終了っ!
前日から不眠不休でがんばったつもりなんだけどね~
┐(´~`;)┌

夕方は、4時から始動。
朝の離岸流へ。
20130413_4.jpg
でも、潮位が上がって、打ち上げられていた海草が離岸流に終結。
右前方から強めの風で、波が暴れて、好きくない。
白濁りも入り始め、早々に撤収。

こっちのポイントへ。
20130413_5.jpg
でも、潮が流れない。波はあるのに、流れない。
ま、それでも日没後まで粘りましたが、ノーバイト。
ベイトも居ない感じだし、水温も低かったし、敗因はそのヘンでしょうかね?
釣った人は、見ませんでした。

夜は、尺メバルってみたものの、ノーバイト。
ってか、ドラグ締めるとラインが巻けない現象に・・・
アタリが取れないし、ヒットしても取り込めそうもないのでアジングへシフト。
ファーストキャストでHIT&バラシ。
このファーストキャストで掛けた時って、たいていの場合、あとが続かない。
この日もやっぱり・・・
でも、なんとかポツッと、1匹。
しばらくして、手が勝手にアワセを入れた。
で、ヒット。
微細な違和感を脳じゃなくて、指の皮膚と上腕三角筋の間のなんかが感じ取ってんだろうね。
で、この微細なアタリで掛けた時は、アジもサイズが良い。
走ったあとに、底に潜るグ~ッっとした引き。
重み。
『ソゲ?』
って思ったほど。
で、上がってきたのは尺足らずの28cm。
20130413_6.jpg
このあとは、まったく続かず・・・
帰りしな、ちょっと話したアングラーによると、前日は入れパクだったとか。
それで今日も来てみたけど、さっぱりだったらしい。
アジも青物ってことですね。

で、疲れると、『甘いものが食いてぇ~!』
ってのが私。
でも、時間が時間。
来月には、健康診断が控えている。
でも、しかし・・・
寄ってしまったセブンイレブン。
手に取る、『とろりんシュー』
しかし、思いとどまる。
そして、さらに物色。
ブラックサンダーか?
チロルチョコ?
でも、ガムじゃない。
そして見つけてしまった。
即決!
250g。
甘いのにゼロキロカロリー。
その名も、寒天ゼリー、98円。
んま~ ( ´ρ`)

翌日曜日
昨日は、よく歩いたな~と思い、携帯のWalkingCounterをチェック
18544歩
14.2km