プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
2013/05/26~27 外房
ネットのデータは、黒潮からの水が外房に入り込んでいることを推測させる。
魚の活性が上がっていると想像できるが、ヒラメに関しては、産卵期間中なので週末海況予想は▲まで。

20130526_1.jpg
午前中、下げ八分まで粘ってみるが、周りでは釣果ゼロ。
カタクチがうち上がったので、その付近を重点的にラン&ガンを織り交ぜて攻めてみたけどノーバイト。
途中、遥か沖で何度か豪快なスプラッシュを目撃。活性はやっぱ高い。
20130526_2.jpg

最干潮までまだ時間があるので、初めての場所で磯遊び。
またレベルアップできた気がする。

夕方4時前、朝のサーフに向かう。
途中、チラリと見えたそのサーフにシーナさんの姿が見えた。

『シーナさんじゃん。この場所で見かけたからには、長年温めてきた企画ネタを実行せねば!』
『え~、シマさん、シマさん、シーナさんを房所で発見。例の仕込みの発動をお願いいたします。』
『あれですね?了解で~す』
( ̄ー ̄)

話をもどして・・・
私は、今朝のカタクチポイントで。
それにしても釣れない。
周りも釣れない。何故?
状況的に釣れて良いはずなのに…

思い切ってこのポイントを見切り、シーナさんの方へ向かった。
『シーナさん、楽しんでくれてるかな~?』

で、着いてみてビックリ!
企画は、予想以上の盛り上がり。
シマさん、やりすぎですって (≧∇≦)
シマさん曰く、『タネを何年も暖めすぎた』だって。
そりゃデカくなるわけだ。

で、話を戻して・・・
新人さん、80アップのシーバス。
シーナさん、79.5と60アップのヒラメ。
『おにさん、そっからここらまでの範囲です。さっきもバラしてるから、まだ出ますよ!』

うふふっ!
私の企画とも知らずに・・・

話を戻して・・・
で、その範囲でやらせてもらう。
ちょっとして、シーナさんにヒット!
またしても60up。
またちょっとしてヒット!
バラし?
そしてまたヒット!!
20130526_3.jpg
マゴチ63cm。
(あ~・・・あまりのことなので、釣った順番とかバラシの順序とか良く覚えてません)
またちょっとして、今度は新人さんにヒット!
ずり上げて一言、
『小せえ!』
55cm
贅沢な!
20130526_4.jpg
でも今まで上がってるサイズを見慣れていたらそうなるのも解る。
私、未だノーバイト

企画元ですから。
釣ったらいけなでしょ?

話を戻して・・・
キャストしていると、目の前の海をカタクチの群れが直径3mくらいの玉になってゆっくり移動してる。
多分、これに付いて沖から群れで入ってきたんだと。

これか、シマさんの仕掛けは。
良くできてるわ。

話を戻して・・・
シーナさん、今度は今まで誰もやってない場所で竿を出す。
ヒット!
またもや60アップ
20130526_5.jpg
あれ?その前にも波打ち際でデカいのバラしてたっけ。
新人さんも確かバラしてる。
あっ!その60アップの直後、新人さんはシーバスバラしてんね。

まあ、こんな感じ

私、ノーバイト
真っ暗直前、腹も減ったので終了!
シーナさんが食いきれないというので、1枚もらう。
車に着き、重量計測。
シーナさんと新人さん2人で運んできた方。
15.5kgオーバー
私の方
3.5kgオーバー
最後に釣った60アップも人にあげているので、ま、それも3.5kgとして…
足して7kgオーバー。
総合計重量22.5kgオーバー

ネタとしても、やりすぎたか?
これじゃ日本一、いや世界一の記録では?
Σ( ̄□ ̄;)
ってことは、もしかしてギネスに?
載ってしまってからでは遅い!
今のうちにネタでしたと告っておくか・・・

話を戻して・・・
おに『このままじゃ帰れねぇ~、明日まで居残り決定。ね、シマさん?』
シマ『はい、そうですね。』
シーナさん・新人さん『じゃ、お疲れ様でした~』

シマ『2人にバレずに済みましたね。』
おに『いや~、楽しかった。さて、私達も釣りますか!?まだ残ってます?』
シマ『いや全部出しちゃいましたよ。』
おに『じゃ、実力で・・・』

20130526_6.jpg
もちろん、夜も翌朝も何も釣れなかったことは言うまでもあるまい。

まじめなシーナさんの釣行ブログは、コチラ⇒『1091R128

20130526_7.jpg

それにしても釣れない。
今回含め3回の釣行、釣れる場所に居るっちゅ~のに釣れるのは周りだけ。
ひらぼうさん、曰く
『おには、負のスパイラルの中に居る。原因は、O氏殿。』
らしい。
納得!
(;゜ロ゜)

そうだ!
え~、今、外房に必ず釣らせるガイドがいますよ~!
お一人様、1万円でご案内
ジョーク ゝ(-_- )

2013/05/11 外房
水温上昇。
SALT MANブログによると、も上がってる。
ってことはベイトも寄り始めてる。
沿岸の魚の活性上昇中。
静から動
でも、天気予報じゃ風が強くなる。
雨は、まあどうでもいい。
カッパあるし。
気温も高いし。
房総の強い南風は、波のサイズアップのサイン。
問題は風の向きと強さ。
が、ホントに風は強くなるのか?
この予想天気図で。
20130511_2.gif
朝9時、房総を覆う等圧線幅が広い。
しかも低気圧の配下に入ってる。
なら風は安定してるはずなんだが・・・
『夜1時の外房の風が強かったら諦めるか』
AM1:20
アメダスを見る。
南南西 風速5.6m
『5m越えか。伊豆諸島のほうも同じ風向きってことは、午後にはウネリも入ってくるかな。ダメ?』
悩む・・・
『2時の風見てから・・・』
AM2:10
アメダスを見る。
南南西 風速4.4m
『下がった。ん?館山は7mオーバーに増えてる。どうなんだ?』
悩む・・・
『3時の風見てから・・・』
AM3:10
アメダスを見る。
南南西 風速2.8m
『よし!読みのほうが正解!』
干潮まで、短時間勝負!
そのあとは風も雨も強くなる。
ワンチャンス。
いつものワンチャンスなら行かない。
けど、今日のワンチャンスは、スーパーワンチャンス。
だから行く!
※ここまで時間掛かったので、掲示板の海況予想は▲までしか点けられませんでした。

完全に明るくなった時間、海に着く。
凪ぎ、ほぼ無風( ̄ー ̄)
20130511_1.jpg
今日の勝負も下げ5分。だからちょっと港で狙い。
堤防の先端から船道を攻めてたアングラーが、50cmくらいのヒラメを釣り上げた。
活性は高い(^-^)b
でも、私にはノーバイト。

前回のサーフヘ移動。
パッと見て、感じる。
釣れなさそう。
水が緑っぽいし。
とりあえず30分ほどランガンしてみたけど、全キャストで海草を釣り上げただけ。
雰囲気もないので、移動。
今日は、こっちのサーフが良さそう。
アングラーも多いけど、水の色が良い。
悩むことなくすぐに準備にとりかかった。
と、ひとりのアングラーが釣り上げた。
50オーバーはありそうだ。
キャストを始めてちょっとしたころ、また左側の別のアングラー釣り上げた。
焦る・・・
さらにまた。シーバスか?
しばらくして、今度は右側で。
マゴチ50up。
焦る・・・
さらに左側でHIT!
『やばいやばい、こんなときは自信を持って攻められるルアー、ひらめっ波で』
ルアーチェンジをして、キャスト開始。
しかし・・・
『何度やっても海草しか釣れんのかっ ヽ(*`□´*)/』
と、右側でまたしてもHIT!
そうこうしているうちに風が強くなり、雨が強くなり、アングラーが減り。
気を落ち着けるためにラン&ガン。
サーフには、もうほとんどアングラーが居ない。
再度戻ってきて攻め始めたときには、波のブレイクの後ろまでルアーが飛ばないくらい風が強く・・・
※このスーパーヒット様子は、SALT MANブログで!
SALT MANだったとは気づかず、挨拶できなくてゴメンナサイ m(uu)m

その後、諦めがつかないので別なサーフに移動。
そしてまた撃沈。
さらに雨も強さを増し、最干潮となったので終了としたのでした。
ε=(´。`)

私のジンクスとして、なんか忘れ物をしたときは釣れない。
ま、忘れ物しなかったとしても釣れないんだけど。
それは置いといて・・・
今日は、来る途中でフィッシュホルダーを干したままにしていたのに気がついた。
敗因は、それってことで。
『いやいや、腕でしょっ!』
(^o^)b


あー悔しーーーっ!
(>д<)

※雨だったので、写真が少なくてゴメンナサイ
※今日は、私の近くで、港も含め5枚は釣れてるかな?シーバスもいいサイズだったよ。マゴチも50はあった。
2013/05/03 外房
ヒラメが釣れそうな雰囲気がない。
房総は、特にない。
茨城も状況は良くないけど、魚影が濃い分、確率が高いのは茨城。
でも、まだ房総に心残りが・・・

ってことで、やっぱ房総。
今日は、朝からサーフ。
どこも釣れそうにないので、気分的に前回のサーフヘ。
20130503_1.jpg
車から降りて海を見る。
前回のようなワクワク感が沸き起こらない。
けど、夕方には好転するかもしれないので、状況を確認する。
地形、浅くなった感じ。
ベイト、見えなかった。
水温、13度。
潮流、潮位が高いので、ほとんど無し。
前回を100点としたら、今回は30点か・・・
結局、下げの潮止まりで調査終了。
市原のヒラメ野郎さんに『移動します』と告げられなかったことがちょっと気がかり。
でも、移動。

そして、いろいろと見て回り、磯の潮溜まりにすら小魚が居ない状況だと理解する。
『こりゃ、私の腕じゃ釣れないわな』
そして西に居たO氏殿と合流。
いろいろと検討して、夕マズメは、朝のサーフで。

O氏殿は、ダウンショット。
20130503_2.jpg

私は、裂波。
徐々に下がる潮位。
流れ始める潮。
それに乗って、海草も。
『うざい』
が、流れが無いよりはいい。
潮が動き始めると、波打ち際に小魚が見え始めた。
20130503_3.jpg
状況は徐々に良くなっている。
が、水温は低い。
足の指が冷たくなっていくのがわかる。
タイドミノースリム120で。
FLYERで。
グラスミノーLで。
でも、バイトは無い。
O氏殿は、馬の背付近で何度かバイトを得てるらしいが、歯形は付いていないので正体不明。
マゴチ?

結局、明るいけど、潮止まりで終了。
『水温低いならシーバスでしょ!?』
って話になって磯へ。
夜の磯、ひとりじゃ行けないけど、2人ならね。
で、いいサイズをバラシて終了。
途中、飽きてアジ・メバル狙いしたけど、アジ1匹だけ。
やっぱあのロッドじゃ、はじかれまくりで、アジにはきつかったと納得。

翌朝、寝坊。
O氏殿の電話で起こされた。
『釣れたよ~!』
で、即行、磯に向かう。
私が着くまでにもう1本追加してたO氏殿。
そのO氏殿のちょっと休んでもらって、私ひとりでロッドを振る。
しばらくしてHIT!
なかなかの重量感。
( ̄ー ̄)
が、またしてもバラシ
o(;>△<)O
O氏殿再開。
HIT!
20130503_4.jpg
前2本と同サイズ70UP後半。
しばらくして、私にまたHIT!
でも、またまたバラシ _| ̄|○
20130503_5.jpg
慣れない釣りでリズムつかめず・・・
日が昇ってからはアタリが遠のき、終了。
その後は、エギングもしてみたけどノーバイト。

いろいろ検討して、夕方はやらずにSALT MANへ。
の話とか、ベイトの話しとか・・・
SALT MANに行って、おにはレベルがアップした。
と思う。