プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

08 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
ナイロンウェーダー補修
これから秋冬のシーズンイン。
そして徐々に、水も気温も冷えてきます。
そんな季節の到来前に、ウェーダーのちょっとした水漏れを補修しておきましょう。
用意するのは、ゴム用の接着剤、100均のダイソーで売っているナイロン補修シート、180番くらいの紙やすり
20131025_1.jpg

ゴム用の接着剤でお勧めは、↓スリーボンド PANDO 156A
20131025_2.jpg
たぶんPANDOじゃなくても大丈夫。
ゴム系の接着剤なら補修はできます。
ただ単に、私がPANDO156Aにかなりの信頼を置いているだけ。
ちなみに、ホームセンターで見つけることはできませんでした。
ライギョに力を入れてる釣具屋なら、売ってるらしいです。

では、続きです。
1.ウェーダーをブーツ部分まで裏返します
2.臭かったら、ブーツの内側を湿らせた雑巾等で拭きましょう
3.目を皿のようにして、上から下まで満遍なく穴をチェックします
4.穴を見つけたら、油性マジックで丸囲みしておきます
ここからは、↓ここに書いてあるとおりです。
20131025_3.jpg
5.全ての穴を見つけ終わったら、丸囲み内のゴム表面を紙やすりでザラザラにします
(ザラザラにするだけです。削らないでください。最悪の場合、ご自分の手で穴を空けてしまうことになります。)
6.ヤスリをかけた丸の大きさにナイロン補修シートを切ります
7.丸囲みの内側にボンドを薄く塗ります
8.ナイロン補修シートの接着剤側にもボンドを薄く塗ります
9.8~10分乾燥させます。3~5分の半乾きではダメです。
10.乾燥させたら、ウェーダーと補修シートのボンドを塗った面を合わせて、ギューっと押し付けて圧着します
(私は、金づちの柄(木製)の平らな部分を使って圧着しました。)
20131025_4.jpg
11.内側を半日くらい乾燥させた後、最後にウェーダーの表側にも薄くボンドを塗っておきます
12.表側のボンドが乾いたら完成です

ここのポイントは、9.と10.です。
なんかのTV番組でやってたのですが、塗ってすぐや3分乾燥後の接着よりも、10分乾燥させた後の圧着が最も接着力が強かった。
ボンドのプロフェッショナルもそう言ってたし。

ってことで、これで1シーズンはラン&ガンも快適!
o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o