プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
2014/07/26 茨城県央
金曜日の鹿島灘は、なめろうさんもゴトかんも釣れなかったようだ。
周りでも釣れてなかったらしい。
ってことで、車上荒らしも怖いのでやっぱり県央へ。

朝イチ、まだ潮位が高いのでヘッドランド竿を出す。
でも、流れがほとんど無い
(・_・;)
厳しい・・・
ジグヘッドを5gにしてパワーシャッド4インチを付けて、なんとかゆっくりでも流れてくれないかと試してみるけど流れてくれません。
とりあえずリフト&フォールで誘ってみましたが、ノーバイト。
それよりも海草ゴミが多く、ちょっとストレス。
ってことであまり粘らずにヘッドランドは終了してサーフヘ。
タモ網は背負ったままだけど
σ(^_^;)

裂波をシャローにキャストしながら、数歩ずつ潮上へラン&ガン。
で、波が斜めに入って潮の混んでいるシャローとヨブの境、私の好きな狙い目。
20140726_1.jpg
波のタイミングを見計らい、白波が広がっる直前にキャストして、白波の中にルアーを落とします。
そしてスロー目にリトリーブ。
同じようにタイミングを見計らってキャストした数回目、『ゴゴゴゴン』
ギュっとアワセてヒット!
手元に伝わる重量感、
『おっ、いいサイズ』
(^◇^)
の数秒後、バレた
_| ̄|○

で、針先を一本一本チェックすると、針先は問題なし。
でも、1本伸びてました。
20140726_11.jpg

『ヒラメは入ってるね。じゃ、も1回裂波で・・・』
と思ったらひとつしか持って来てなかった
Σ( ̄□ ̄;)
『同じ感じのルアーってと、サイレントアサシン。』
そこで、前回44cmを釣ったレッドヘッドを付けて数歩移動のラン&ガン。
この数歩移動のラン&ガンってかなり重要。
ほんのちょっとの差で釣果って差が出ると思う。
だから10m間隔で人が並んでるポイントって苦手。
だってそのスキマに居るかもしれない・・・
BGM♪youtube {作業用メドレー}スキマスイッチ2時間35分27 87秒 俺得!
20140726_3.jpg
モヤ中、着水地点は見えなかったけどいい感じで飛んでいったサイレントアサシン。
スローめでクルクルとリトリーブしていると、
ゴゴゴゴゴン!
ギュッっとアワセて、ヒット!
前回のバラシの感覚が残っているので、急ぎつつ慎重に。
最後は、ズリ上げて
ε=ε=(/*~▽)/
50cmジャスト
20140726_2.jpg

これをビニールに入れて砂に埋めて、同じポイントでキャスト。
の1投目、ゴゴゴゴン!!
まさかの2連発
w(°O°)w
さっきよりも感じる重量感、波打ち際の流れ、引き波に慎重になりつつ、タイミングを見計らってズリ上げ。
と、波打ち際でフックアウト
\(◎o◎)/
急いで近づき、エラブタの中に指を突っ込んでズリ上げ
(V^-°)
57cm
20140726_4.jpg
先週の宴のとき、みなんでこんな話ししたっけな~と思い出にふけったのでした。
(⇒ポイントの動画へ

その後は、ポイントを移動して小さめの離岸流。
まずは裂波マコイワシで。
移動のため、いったん車に戻ったので補充したのです。
20140726_5.jpg
でもノーバイトだったので、
『この流れならハニートラップの出番っしょ!』
で、ファーストキャスト。
離岸のカケアガリはあのラインかな?ってな思い通りのポイントに着水させてフォール。
スーッとロッドを立て、ルアーを浮かせ・・・
ゴッ!
ギュっとアワセてヒット!
ズリ上げると、案の定マゴチ。
20140726_6.jpg
『足りないか?』
と思いつつ計測すると48cm。
2cm足らずなのでリリース。
で、その後もう1本追加&リリースして、この離岸流は終了。

『さて、かなり潮も下げたし、手前に居たベイトも沖に出たかな?
だったらヒラメも沖に出たでしょ。
ヘッドランドも流れが出ただろうし・・・』

ってことで朝のヘッドランドへ。
5gのジグヘッドや、7gのジグヘッドで流れを攻めるも、どうもゴミが多い。
なので、メタルジグで沖のサーファーポイントのカケアガリ付近をただ巻き、リフト&フォール。
ノーバイト。
『こんなときはソフトルアーのサイズダウン。』
昔、ヘッドランドの師匠・斉賀さんに教わったテクニック。
イワシヘッド1/2ozにグラスミノーL ピンクをヘッドランドの際近くの沖めにキャストしてゆーっくりとただ巻き。
グラスミノーLのゆーっくりとただ巻きは、いせやんが多用する技。

20140726_7.jpg
※写真をクリックして拡大して見てね。狙ったポイントは①のエリア。
まだ写真は閉じちゃダメですよー

その攻めで数キャスト目、ゴッ!と押さえ込むようなバイト。
ギュッ!とアワセるとヒット!
『マゴチ?ヒラメ?
ヒラメぽっい・・・
あーーーーっ!そっちダメダメー!』
※②の裏へ
波が来たタイミングで思いっきり上にロッドを立てて浮かせる。
と、②のテトラを魚が乗り越えた。

※最初の写真は閉じてヨシ。次の写真をクリック。
20140726_8.jpg

『ヒラメじゃん!』
そこそこサイズのヒラメ。
ストラクチャー、打ち寄せる波・・・
③のテトラを乗り越え、やっとタモで救える位置④まで来た。
そのタミイングで、足元のタモを取り上げ、柄を伸ばす。
が、そのタイミングで波が・・・
(〇o〇;)
『あーーーー、ダメダメダメーっ!』
ヒラメは、完全にテトラ⑤の下へ、奥へ。
抜けません。
が、ヒラメが泳いで引いてる感覚が手元に伝わります。
『ってことは、あの下は潮溜り?
じゃ、まだチャンスあるか。
波が来たタイミングで浮かせてズリ出せば・・・』
で、波。
20140726_9.jpg
さらに奥に引きずりこまれるのを耐え、水が抜けるのに合わせて
『っしゃー!』
捕獲完了
51cm
ヾ(*´∀`*)ノ゛
20140726_12.jpg
タモに入れたまま砂浜に降りてしみじみ。
『捕れたわけだ。PEも1.5号だし。』
グラスミノーもジグヘッドも丸呑みでした。

その後は、睡眠時間40分の体力じゃ限界。
あぢぃーし
(;´Д`A ```
満足いったし
( ̄ー ̄)
撤収っ!!

天気 : 晴れ
潮色 : 澄み
水温 : -
釣果 : 
 ヒラメ
  ①50cm/②57cm/③51cm
 マゴチ
  ④48cm/46cm
ルアー: 
 ①②シマノ サイレントアサシン 129F レッドヘッド
 ③エコギア グラスミノーL ピンク
 ④ima ハニートラップ95S キビナゴ
ライン: POWERPRO 1.5号/ リーダー: TORAY 銀鱗6号
ロッド: SHIMANO LUNAMIS S1000
リール: SHIMANO BIOMASTER 4000HG
ヒット時刻:
 ①5:00/②5:11/③9:00
ヒット場所: 
 ①②ヨブ&白波の中
 ③ヘッドランド際
特記事項 : ボラかイワシか?ベイトはかなりいた。

ソゲの釣れやすい時期だから、
7月~9月はソゲのリリース強化月間!ソゲ、リリースしよう!

2014/07/20 茨城県央 & 宴
鹿島灘方面は、やたらと車上荒らしが発生してるらしい。
路上駐車が特に狙われているようで、ヘッドランドNo.5付近が要注意とか。
私も以前やられたことがあるので、ちょっとトラウマ・・・
なのでこの時期は、県央へ向かうことが多くなんです。

で、今回も茨城県央。
雨が結構降ったので、濁りがはいっていることは考えていたけど、予想していた以上に波が高かったことが誤算です
(><;)!! (黄○の中が人)
20140720_1.jpg
ま、それでもヘッドランドはあるし、地形の起伏があるので狙えなくは無いけど
20140720_2.jpg
こんなときはフローティングミノーよりも、ボトム付近を狙えるソフトルアー、ヘビーシンキングミノー、メタルジグの使用が増えます。
でも、午前中は誰かが釣ったのを見ることも無く、私もノーバイト。

昼寝の後は、11時半から始動。
サーフをラン&ガンするも、どこもかしこも底荒れ気味で、しゃーないのでヘッドランド。
20140720_3.jpg
ま、この際も激流なのだが、たまーに何かベイトっぽいのが跳ねてたし、深いことは間違いないので静ヘッド10gにパワーシャッド4インチ No.115で流し釣り。
下流にキャストして、ロッドを立てて流します。
でも、流れが早くてボトムが取れないので、ボトムった雰囲気で時折リフトを入れます。
そして、何度流したか分からないくらい流したころ、『コッ』とバイト。
一瞬待って合わせてみると、魚。
ヒーット!
Σ(≧◇≦)
『小マゴチ?』
と思いつつ寄せて抜き上げると、グーグーグーのモッチでした。
20140720_4.jpg
リリースして、再開。
今度は、ルアーをメタルジグに交換して、ちょっと遠め狙い。
ボトムを取って、ゆっくりとリフト&フォール。
20140720_7.jpg
そして、何度目かのキャスト、ヘッドランドから10mくらいのところで
『ゴン!』
(≧◇≦)!!
ソゲかなーと想像しつつ寄せてくると、やっぱ40cmには満たないソゲ
20140720_5.jpg
ダイソーメタルジグ28gを真っ赤に塗って銀ラメ少々ちりばめたオリカラにきました
20140720_6.jpg
キラキラのイワシ系も良いけれど、色で攻める疑似餌釣りも有りじゃないかと・・・
そのうち黄色と白を作る予定
( ̄ー ̄)
なるべくキラキラを減らした色による疑似餌釣り、検証開始です。
ソゲは、もちろんリリースしました。

で、その後はちょっと早いけど撤収。
りょうさん'S BarへGo!
私の鮃釣りの師匠、七味さん。
20140720_8.jpg
招待した釣りキチ親父さんも、山田くんも遠路はるばるやってきてくれました。
20140720_10.jpg
オーストラリアを走り回ったランクルとテヅカ父
20140720_17.jpg
そして、みなで片手を挙げる怪しいダンス
ヘ(⌒▽⌒ヘ)(ノ⌒▽⌒)ノ
20140720_12.jpg
じゃなくて、恒例のジャンケン大会。
今回は、釣りキチ親父さん&ジャクソンのご好意によりG-Contor&キャップlがターゲットに。
20140720_16.jpg
歓喜するマロちゃん
20140720_13.jpg
奇しくも親子頂上決戦
(´ー`)
20140720_14.jpg
こうして宴はfade outしていくのでした
20140720_15.jpg
チャンチャン♪

今、茨城の海岸付近に咲いている花、ハマナデシコ。
20140720_9.jpg

2014/07/12 茨城県央
台風通過したものの、ナウファスによると茨城の海は凪ぎ模様。
11月もそうだが、この時期は凪いだらGO!

朝一、波の水量が多いので若干ウネリっぽい、けど波は小さく、底荒れもしてない様子。
とりあえず、馬の背からのカケサガリ、そこから続く横ヨブ狙いで裂波をクリクリ。
20140712_1.jpg
ゴゴーンッ!早々に出てくれたのは、ソゲ。
『おっ!こんなに早く出るなら、今日もヒラメ釣れるんじゃ?』
と期待大きく、すぐにリリース。
が、後が続かず、周りのアングラーも釣果ゼロ。
ポイント移動。
すると、仙人から電話。
『そこのヘッドランドでやってます。マゴチ当たってますよ!』
『りょうーかい!ヒラメがダメだったら向かいます。』
( ̄ー ̄)
いくつかのヨブ、縦潮流をラン&ガンして、ココ↓
20140712_2.jpg
『なんか上空の雲が怪しいけど・・・』
とちょっと不安になりつつも、魚道110MDをキャスト。
流れは、右から左。
その後、離岸流に。
なので、右側から離岸流手前にキャストして、流れに逆らうようにゆーっくりと。
ロッドは立て気味。
何度かキャストしていると、センター付近で『ゴンッ』と何かが当たった。
『ボラアタック?ソゲか・・・』
もうワンキャストした後に、この流れならば山田くん釣法の出番と判断。
ルアーをima ハニートラップ 95Sに変更。
今度は正面にキャストして、ハニトラをボトムから離すことに意識を集中して、落とさず離し過ぎず。
流すルート変えながら、何度目か。
結構手前でゴン!
あがってきたのは、やっぱりソゲ。
『ヒラメじゃなかったかー (><)』

その後は、仙人と合流してヘッドランドでマゴチってみるもののノーバイト。
で、仙人と別れて、別なヘッドランド。
そこで釣れたのは、45cmのチビマゴチ。
リリース
(^O^)/~~~
20140712_3.jpg
静ヘッド10g + パワーシャッド4インチ No.115でのヒットでした。

『さーて、最干潮まで後1時間半。あっちでも行ってみっか。』
で、前回は行かなかったエリアに。
そこで、離岸流と離岸流に挟まれたシャローに立ち、サイレントアサシン129Fを右の離岸流へ。
20140712_4.jpg
流れスジを感じつつ、少しずつキャスト位置を変えながらキャストしていると、目の前数mを泳ぐルアーの後ろからソゲがダッシュで追ってくる。
『オーーッ!』
で、ゴン!
20140712_8.jpg
(やっと写真が撮れた。いままでは、立ち位置と波足の関係で撮れなかったのだ。)

このあとは、良いヨブを攻めても、良い馬の背を攻めても、離岸流も全滅
ε-(´o`;
ここで午前の部終了。

昼寝後の午後3時、午前の部の最後のポイントへ。
潮位は上がり、メリハリあまり無し。
とりあえず隣のヘッドランドまでラン&ガン。
ノーバイト。
『んー、魚、手前に寄ってきてないのか?
朝に話した地元のアングラーもヘッドランド脇、
他の魚取ったってのもヘッドランド絡みだーな・・・
じゃ、こっからはヘッドランド。
ヒラメを絡めつつの、マゴチ本命ってのがお持ち帰り確保には近道か・・・』

ってことで、ヘッドランドのテトラの上に。
20140712_5.jpg
『ソフトルアー・・・
とりあえず広範囲に探るのが正解か・・・
メタジだな』
で、ダイソーメタジ28gのピンクにアルミ貼りしたやつをキャスト。
ボトムまで落として、大きくひとシャクリ。
これがヒラメ用のシャクリ。
フォール。
ボトムから30~50cm上をイメージした小さなリフト&フォール×3・・・
のフォールでゴッ!
大きくアワセるとヒット!!
ゴンゴン、ゴンゴンと大きく首を振る引き、重量感。
お持ち帰りサイズ確定のマゴチです。
ファーストキャストのかなり遠めでのヒットなのでバレるな、バレるなと祈りながらの寄せ。
巻いて、止め、巻いて、止め、巻いて、巻いて、巻いて・・・
そして水面に浮かせ、タモを取り上げ、柄を伸ばし・・・
ネットイン
ヾ(*´∀`*)ノ゛

20140712_9.jpg
↑54cm。

ちなみに、この後も結構粘ったんですが、ノーバイトでした。

さて、ソゲ、小ソゲ、チビマゴチの季節がやってきました。
優しい気持ちになって、可能な限りリリースしましょう。
もういいっしょ、そのちっこいの持って帰らなくても。
ネ? m(uu)m


20140712_7.jpg

天気 : 晴れ
潮色 : 澄み
水温 : -
釣果 : マゴチ 54cm
ルアー: ダイソー メタルジグ 28g ピンク&アルミ貼り
ライン: POWERPRO 22LB/ リーダー: TORAY 銀鱗6号
ロッド: SHIMANO LUNAMIS S1000
リール: SHIMANO BIOMASTER 4000HG
ヒット時刻: 16:45
ヒット場所: 微妙なカケアガリだと・・・
特記事項 : ボラがかなり入っていた。小サバもいた。

2014/7/06 茨城県央
釣果報告の数はすくないが、アジングしたいので茨城県央を予定。
そこで、金曜夜からナウファスとにらめっこ。
『波、下がるはずなんだが…』
土曜午後、荒れ後の回復としては、まだ若干波が高い。
それでも『これから下がる!』と自信が持てたので出発。

夕方、ヨブなら十分に釣れるくらい波は下がっていたけど、波はまだ少し高く、ちょっと流れが乱れてる。
20140706_1.jpg
でも、濁りも取れてきていたので、翌日は期待できそうな雰囲気。
とりあえずノーバイト。

夜、アジング。
途中、下に突っ込む良型を掛けた。
若干違和感を感じつつも、ドラグを少し緩め対応。
『メバルかな…』
寄ってきたところで、ヘッドライトを着けると、なんと!300g位の赤いバルタン。

なぜだっ!!
ヾ(;゜□゜)ノ

何度か突っ込みを耐え、暴れなくったタイミングで、ハンドランディングにトライ。
一応、掴んだが、脚側だったので感じ悪い。
掴み直しと、握る手を緩めたら、また下に突っ込まれてプッツン
ま、抱卵してたので、これでいいっしょ!

翌朝、土曜と同じポイントへ。
20140706_2.jpg
波は下がり、水も澄んできていたが、まだ流れが乱れてる。
離岸流はそんな感じなので、離岸流に流れが合流する手前の流れの緩いヨブで竿を出す。
可能性を信じてアレやコレや。
潮が上げ、狙いの位置まで届かなくなったので、ヘビサやメタジなど30g系をキャストしまくり、ジグヘッドをリフト&フォール。
ノーバイトが続くこと3時間、右腕がパンパン。
それにアヅイ
σ(^_^;)
朝は、涼しかったから、ちと多めに着すぎた。
飲み物も持ってないし…

そして急にやってきた『もう終わるか』って気持ち。
その気持ちになると・・・ってことで終了
(;^。^)


車に戻って、飲み物と食事。
タックルを片づけ、『周りの地形確認しとくか』
と、移動すると、
『いいんじゃねー』

20140706_3.jpg
さっきの終了感はぶっ飛び、急いで準備してサーフへ。
いっこ目の離岸流、狙いが遠いので、メタジ中心で、スローなストップ&ゴーやリフト&フォール。
ノーバイト。
次の離岸流も同様に…
3箇所目、狙いは、やや近めの横ヨブの、奥の馬の瀬の、白波の中。
20140706_4.jpg
白波の中は、ルアーを目立たせたいので、ミノー。
『んー、サイレントアサシンなら届くか?』
と、房総で拾った129F レッドヘッドをピックアップ。
ミノーは、Sもいいけど、ポイントに届くなら、そしてレンジが合うなら断然Fがいい。

ってことで1投目。
狙ったポイントにビンゴ!
クリクリクリ…

ゴゴン、ゴン!
ヒーット
ズリ上げたのは、44cmの今季初の茨城モノ。
ε=ε=(/*~▽)/
20140706_5.jpg
ポイントの動画へ


帰宅後、使用したソフトルアーをチェックすると、パワーシャッド5インチには、3箇所のバイト痕。
4インチにも1箇所。
1箇所は、明らかに良型。
もういっこは、ザラザラな感じなのでマゴチっぽい。
これが流し釣りの欠点。
流してる最中に波が来ると、どうしてもテンションが緩み、バイトが取れないタイミングある。
急いでラインを回収してテンションかけると、ボトムに当たってるような重みだけ。
たぶん、こんときは既にバイト済み。
書くと長くなるので・・・
フックのハリ先は、鋭いほうがいい!ってことで〆。

天気 : 晴れ
潮色 : 澄み
水温 : -
釣果 : ヒラメ44cm
ルアー: シマノ サイレントアサシン 129F レッドヘッド
ライン: POWERPRO 25LB/ リーダー: TORAY 銀鱗6号
ロッド: SHIMANO LUNAMIS S1000
リール: SHIMANO BIOMASTER 4000HG
ヒット時刻: 9:57
ヒット場所: 白波の中
特記事項 : まだあまり釣れてないようだ。

<使用ルアー一式>
20140706_6.jpg