プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
2015/07/24-25 茨城県央
茨城の初夏シーズン終了間際、金曜に休みをって出撃です
( ̄ー ̄)v

準備が終わり、いざサーフへ!
と、なったとき、ふっと思う。
『携帯は?』
サーフヘ向かう道すがら、
『家かな?
いや、確か短パンの両ポケット、重かったよな。
サイフと携帯で間違いないと思うんだが・・・
車のどっかにあんのか?』
と、どうなんだか思い出せぬままファーストキャスト。
20150724_1.jpg
で、思い出しました。
『コンビニのトイレだ!』
もうそれからは、
『どうすっかな?
戻ろうかな?
いやいやいや、戻ってもムダでしょ。』
の繰り返し。
だって、無くなったら無くなったで、無いんだから戻ってもムダだし・・・
あったらあったで、親切な方がお店に届けてくれてるわけだから、急いで戻らなくてもいいわけで・・・
などなど、そんなコトばっか考えてて釣りに集中できず。
結局、片道約1時間かけてコンビニへ。

でも、さすが世界に誇れる日本人、ちゃんとお店に届けられていました。
ま、よくよく考えれば激重のガラケーなんて今時持って行くやつもいなかったかな?と
(´ー`)σ

また1時間かけてサーフヘ戻り、海水浴の人たちやサーファーの間々の要所要所をラン&ガン。
20150724_2.jpg
そして緩い縦潮流のポイント、FLAYER140でクリクリしきった後、G-CONTROL ダブルアカキンに変えた1stクリクリにドン!
ソゲ。
それでも、やっぱダメ押しのヘビーシンキングで攻めるってのが大事ってことを再確認したのでした。
20150724_3.jpg
その後は、ノーバイトのまま終了。
お昼寝タイムです
(-_-).。o ○

午後は3時から始動。
も、なんか空が怪しいのです
(=_=;)
20150724_4.jpg
で、その30分後にゴロゴロと聞こえ始め、そうなるともう釣りに集中できません。
なんとなく腕の辺りがピリピリしてきたってところで終了。
釣りしてた時間約30分
(><;)
でも、その後の落雷&豪雨を見ると、あのタイミングで撤収して正解でした。
んにしても、朝の携帯の件といい雷といい、実釣時間の少ないもったいない平日釣行でした。

で、夜はアジingして、3匹のみ。
翌朝に備えて、早めに撤収。
濡れタオルで体を拭いて、汗を落としサッパリして就寝。

翌朝、同じサーフヘ。
雨が凄かったので、なんとなく濁り入り。
も、水は青いのでなんとかなるっしょ!

ラン&ガンはミノーで。
気になるところをルアーを変えながら攻めるもノーバイト。
20150724_5.jpg
見える範囲のアングラーにも、すれ違うアングラーの方も釣れてない感じ。
折り返しのミノーは、魚道110MDを使ったとき、深そうに見えるヨブでも簡単に底に着いてしまったので、これじゃマゴチになっちまうってことで裂波をチョイス。
20150724_6.jpg
も、モヤが凄くなってきて、どんなポイントを攻めてるのかも分からない状態。
とりあえず見える範囲では、浅いながらもヨブ。
時折見える波のブレイクが2つに割れているので、ヨブの中にさらに深い場所がチョット入ってる状況。
私の好きな、シャローの中の深い場所。
20150724_7.jpg
ここを裂波でクリクリとスロー目に。
何キャストかしたころ、波打ち際でコンッ!
っとひったくられたような・・・
『バイト?
引き波の石でも当たったか?』
その数キャスト目、再びコンッ!
アワセるも乗らず。
『あれ~?やっぱゴミか石かな?』
そして次のキャストで再びコンッ!
今度はアワセず、そのままで。
ってーと、あきらかにロッドに重みが乗ってます。
これを確認して、大きくアワセるとヒット!
『首振りしてないから、ヒラメじゃん!?』
で、ズリ上げてみると、なぜかマゴチ
┐(´~`;)┌
20150724_8.jpg

その後は、スーッとモヤが晴れて、見える範囲の気になる場所を攻めましたがノーバイト。
20150724_9.jpg
マゴチが傷む前に終了。
かなり疲れたので、別ポイントに入ったマゴチ親父には会わずに撤収したのでした。
20150724_11.jpg

その後のマゴチ親父。
夕方、50cmを釣り上げ、マゴチ親父の面目を保ったのでした。
凄いぞ!マゴチ親父!!
20150724_12.jpg

ちなみに私のマゴチは55cmでした。

2015/07/19 茨城県央
今週のBBSの週末海況予想は、外しました
m(uu)m
金曜はあきらかな台風ウネリだったんで、波は大きくなくても、かなり底荒れ&濁りと読んだんですが、金曜夜中から急回復。
土曜には完全にサーフからの釣りが可能になって、日曜は釣れる状況にまでなってました。

ってことでサーフへGo!
朝一、ある考えに従って、前回&前々回とも違うサーフヘ。

朝一サーフは濁りが入ってますが、まあまあ透明感があるので目立つカラーを使えば釣りになると思い、チャートやゴールド系のルアーでクリクリ。
20150719_1.jpg
若干流れが早いけど、この程度の早さなら出てもおかしくない状況。
も、さっきから気になっていたので、水温を計ります。
『16・・・17度?
う~ん、下がってる感じ。
どうりで、水に入った瞬間、冷たく感じたわけだ。
だとすると、Fミノーには飛びついてこないかな。』
で、ヘビーシンキング系へチェンジ。
ルアーを流しながらってのが目的なので、ルアーが最低限のアクションをするリトリーブスピードで、ロッドを立てながらクリクリ。
ライン見て、波に噛まれないよう、噛まれたらロッドを煽ってラインを張り直し。
ノーバイトです。
周りも釣れてないし、カニ師の遠慮無し!が腹立つ!!
ヽ(*`□´*)/
なので、もっと気持ちよく釣りができるいい場所を求めて車で移動。

車を止めてから、ガシガシ歩いて2箇所目。
水深1m~1.5mの横ヨブなポイント。
20150719_2.jpg
ちょっとした払い出し、少しだけサーフが張り出して岬上になってるシャロー周辺、海面が洗濯板状波立つ縦潮流、横潮流の終点のヨブなどなど、要所要所を叩きながらラン&ガンします。
20150719_3.jpg

も、ノーバイト。
『終点まで来ちゃったし、折り返しますか。
飲み物も少なくなってきたし。』
↑ラン&ガン大好きな人は、コレ重要。
気にしてラン&ガンしましょうね。
20150719_5.jpg

さて折り返し。
ラン&ガンしやすく、レンジが合ってそうなベビーロウディ 95Sにルアー変え、往路と同じように要所を叩きながら戻ります。
そして、縦潮流がちょっとだけ入っているポイント、ボトムノックしないようロッドを立ててリトリーブすること数キャスト目。
20150719_7.jpg
ルアーがグッと止まります。
『ん?ボトムか?』
(・.・ )
たぶん1~2秒。
一瞬だけど、釣りしてる最中は意外と長い時間。
その間、ロッドもルアーハンドルも動かさずキープしたまま。
突然、体がアワセを入れました。
たぶん、無意識。
ドン!
重量感。
ここ最近の釣りで慣れてるので、ドラグ調整にロッドワーク、ついでにフットワーク、体の動きは、たぶん完璧!
でも頭ん中では、
『まさかね?
頼むよ。
小座布団がいいな!
ギリで良いから60cm台で・・・』
o(*≧д≦)o″
そんな感じ。

で、小波でズリ上げ。
最後は、波が来なかったのでフィッシュグリップを使ってズリ上げ。
20150719_8.jpg

やっぱうれしい75cm。
ヾ(*´∀`*)ノ゛
そしてリリースしようとしたら、欲しいというので、写真を撮ってくれたおにいちゃんに進呈。
丸呑み!
20150719_14.jpg

20150719_15.jpg

その後は、その場所を含めて、戻りながら打っていきましたが、ノーバイト。


夕マズメ、真鯒親父こと、山田くんと合流。
20150719_9.jpg
山田くん、実は朝のうちに1本釣り上げている。
なので、ここはお約束の2本目が欲しいところ。
もとい、久しぶりに1枚欲しいところ。
20150719_10.jpg
なんだけど、隣50mで釣っていた山田くんが何かを掛けた感じで、横へ横へと・・・
その姿を見て、思わず大笑い。
(´▽`)
『ありゃ間違いなくマゴチだわ。』
でも、堂々の65cm!
ヒットルアーは、朝もコイツもシマノ サイレントアサシン 129S。
20150719_11.jpg
これにて終了。

天気 : 晴れ
潮色 : 澄み
水温 : 18度(ちょっと上がった)
釣果 : ヒラメ 75cm
20150719_13.jpg
ルアー: JUMPRIZE BABY ROWDY 95S リアルアユ
20150719_12.jpg
ライン: シマノ POWERPRO-Z 1号/ リーダー: TORAY 銀鱗6号
ロッド: SHIMANO LUNAMIS S1000
リール: SHIMANO BIOMASTER 4000HG
ヒット時刻: 08:15
ヒット場所: カケアガリ&縦潮流
特記事項 : 弱い縦潮流。水深1mちょい。

申し訳ない贅沢な悩みだが、レギュラーサイズのヒラメが釣れません。
ヒラメを持ち帰れなくて、困った困った
(-_-;)

2015/07/11 茨城県央~鹿島灘
茨城県央、最干潮が6時30分なので、日の出前からラン&ガン。
20150711_1.jpg
水の色、流れとも悪くノーバイト。
サーフの反対側から攻めてた山田くんもノーバイト。

最干潮過ぎ、2人で鹿島灘へ。
良さげなところを叩いたけど、やっぱりノーバイト。
20150711_2.jpg
イシモチは釣れてたようだ。

再度、移動。
地形は良くないが、水の色良く、ボラも跳ねずに遊泳してる。
20150711_3.jpg
が、あまりにも地形がフラット過ぎ。
ラン&ガンして、ヨブってるポイントで粘るもノーバイト。
20150711_4.jpg

ムカチャンが登場し、ナオハルさんが2枚釣ったポイントへ向かう。
が、着いてみたら、底荒れの白濁りだし、流れ早過ぎだし、早々に見切って、ムカチャンを置き去りにして戻る。
20150711_5.jpg

再度移動。
昼寝の後、山田くんとエントリー。
山田くんは左へ、私は右へ。
20150711_6.jpg
ヨブも水の色も悪くないが、ここも流れ早過ぎ。
するってぇと、山田くん改め、真鯒くん親父から入電。
マゴチロクジュウアツプゲツト
そちらへ移動。
やっぱり流れは早い。
が、手前よりは沖、ルアーの着水点の方が少し緩い。
なのでロッドを立てて、ラインが手前の流れに捕まらないようルアーを操作する。
と!
ヒット!したのは隣の真鯒くん親父。
59.5cm。
20150711_8.jpg

やはり、釣りキチ親父さんから改名を頂いたことだけのことはある。
マゴチは、一体何釣行連続ゲットだろうか?
しかも、確実に2ゲット
20150711_9.jpg

私はノーバイトでした。

さて、コレ↓はなんでしょう?
20150711_7.jpg
鹿島灘のサーフに打ち上がっていたものです。
直径の大きさは3~4cmです。
このほかにもう1こありました。

2015/07/04 茨城県央
今週の土曜は雨が降ったり止んだりなのは分かってたけど、基本的に豪雨じゃなきゃ雨は気にしてなくて、気にするのは海況と風。
だから今週は海況もそこそこだし凪いでるので、サーフへGo!
o(^o^○

出発前、スマホユーザーじゃないからPCを立ち上げて、昨夜どの地域にどれくらい雨が降ったかを気象庁のレーダー・降水ナウキャストでチェック。
で、驚いた、想像してたよりも豪雨です
(〇o〇;)
多少の雨なら問題無いけど、豪雨はダメっしょ。
濁りとゴミがね。
ってことで、比較的雨量の少なかった地域へ。
到着は、海の状況が完全に見えるようになる5時過ぎ目標。

で、サーフ到着。
ほら、やっぱゴミ。
20150704_1.jpg
でも、水の色は問題なく、良かった良かった。

そして、潮位が下がり攻められるようになった離岸流。
20150704_2.jpg
まずは横流れのヨブを輪切りにしながらFミノーで攻めて、そして本命の縦潮流へ。
Fミノー、ヘビーシンキング、ソフトルアー、ノーバイト。
『居ないか?
居そうなんだけど・・・
攻め方違う?
それともカラーが違うのか?』
ってことでヒラメミノーⅢ 125F クリアピンクイワシ。
クリクリ・・・
クリクリ・・・
そしたらカケアガリ付近でフワッとテンションが抜け、その後にグンッ!
ヒット!
も、ソゲ、38cm。
20150704_3.jpg
リリース。
20150704_4.jpg

その後は、あっちやこっち、そっちとそこここ。
20150704_5.jpg
で、下げ止まり過ぎの12時に終了してお昼&昼寝。
14時始動。

とりあえず、潮が上げきる前のそこを攻め、も、ノーバイト。
『さてどうする?
あのヘッドランドのあっち側行ってみっか。』
で、越えてみてビックリ。
『え~っ!全然ちゃうじゃん。
なに、こっちはこんなにヨブってんの?
ヘッドランドひとつ越えると違うもんだね。』
20150704_6.jpg
で、沖の馬の背を狙いで、ピンテールチューン27やぶっ飛び君95Sで。
するってーとピンテールチューンのワンピッチジャークにカケアガリでコッ。
上がってきたのは、手のひらサイズのソゲ。

その後はあれこれルアーを変えながらラン&ガンするもノーバイト。
ま、特にこれと言って変化の無いダラダラと永遠に続く横ヨブなので、それもしかたないか。
ヒラメは釣れてなかったようで、カニ師以外はあきらめて帰ったり、雑談してたりだし。
でも、私はこのポイントに来て時間が浅いので、まだやる気ガンガン
o(*≧д≦)o″

『もしかして今日はヒラメミノーⅢに分があるのかも?』
と、朝のソゲをフッと思い出し、ルアーをヒラメミノーⅢに戻してキャスト。
リトリーブしながら辺りをキョロキョロ、あっち見たりこっち見たりしてると、さっき攻めたポイントの泡が縦の筋になってます。
20150704_7.jpg
『あそこ、もうちょっとまじめに攻めてみよ。』
で、30mほど戻り、縦の筋にルアーをキャスト。
クリクリクリ・・・
の数投目、ゴッ!
来た!ヒット!
『おっ!50あるんじゃん!?』
なーんて最初は気楽な感じ。
実際、引きは50UP程度。
『おー、いいねいいね。』
と引きを楽しみつつ、50UPと同じ感じでやりとりします。
そしてカケアガリ付近、しっぽが見え。
『あれ?
デカイ!
座布団?
エイじゃーなかったよね?
尻尾がヒレだったし。』
県央のヒラメといえばレギュラーサイズ。
そう潜在意識に刷り込まれている私。
だから尻尾を見て、ちょっと混乱。
『え?座布団?座布団?ホント?』

20150704_8.jpg
さて気を取り直して、冷静に。
ここでドラグを少し緩めます。
座布団とのやり取りは波打ち際こそが勝負。
キツ過ぎず、緩すぎずの適度なドラグ調整が大事です。
波打ち際、ヒラメが走ったタイミングでスプールを確認。
ちゃんとラインが出てることをチェックします。
これが確認できたら、ひと安心。
あとはヒラメの走りをしのいで、寄せてしのいで寄せてしのいで寄せて寄せてズリ上げるだけです。
『波来いっ!波来~い!』
で、最初に小さな波。
これでちょっとズリ上げて。
『もういっちょ来い!
あーーあーあーあーーっ!』
\(◎o◎)/
ヒラメが走ります。
テンションを抜かないようにロッドに負荷を掛け、自分の足で前に出て・・・
止まったらまたラインを巻きつつ後ろに下がってヒラメを寄せ。
そして、また小さな波。
ちょこっとズリ上げ。
今度は波打ち際で砂に張り付いてるのが見えました。
もうちょい!

『よし、波来た。
この波で・・・』
ヒラメを持ち上げるようにして、波に乗せて、できるだけ勢いよく
ε=ε=ε=(┌ ・)┘

『っしゃーっ!!!』
20150704_9.jpg


ヒラメの写真を撮り、持ってる写真も撮りたいけど、残念ながら周りには誰も居ません
(;´・`)>
仕方がないので、絡め付けることができる三脚を取り出して、ロッドをスタンド代わりにして自撮りしようと考えていたら、遠くから車が近づいてきました
ヾ(*´∀`*)ノ゛
で、申し訳ないけど合図して止まってもらってパチリ
m(uu)m
ありがとうございました。
20150704_13.jpg

ヒラメはまだ生きているので、波打ち際に持って行き、泳げることを確認できるまで甦生、そしてリリース。
だって捌くの大変なんだも~ん(経験済み)。
ヘッドランド約3つ分持って歩くのも大変だしね
(^◇^)!

<ポイントの動画はコチラ

動画もういっちょう

<youtubeなんでガラケーからはダメっぽい>

天気 : 雨
潮色 : 澄み
水温 : 19度
釣果 : ヒラメ 77cm(自己記録更新)
20150704_10.jpg
ルアー: シマノ ヒラメミノーⅢ 125F クリアピンクイワシ
ライン: シマノ POWERPRO-Z 1号/ リーダー: ナイロン20LB
ロッド: SHIMANO LUNAMIS S1000
リール: SHIMANO BIOMASTER 4000HG
ヒット時刻: 16:10
ヒット場所: カケアガリ
特記事項 : 流れは弱く、ベイト確認できず。私はSよりもFが好き。
20150704_12.jpg