プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
あたり
またもや小説の紹介。
今回紹介するのは、『あたり』
20151018.jpg
ある地域の様々な魚の釣人を主人公に、釣りを通しての人と人の繋がりをちょいホロ感で描いてます。
釣っていいよね!

2015/10/10 南房
『ダメだ・・・』
午前5時前、サーフまであと少しってところで睡魔に勝てず撃沈
(_ _).。o ○
も、5時半のアラームで復活!!
○^-^)o
たった30分、されど30分

6時過ぎ、
『今日はこっち側でやったほうがいいよ』
と勘がおっしゃるので、決めうちでエントリー。
目の前は、白濁りで、ど・フラットなサーフ。
『狙う場所が無い・・・』
左右を見渡すと、遠くに波立つシャローが見えます。
『サーファー居るけど、あそこでしょ!』
20151010_1.jpg
到着してみると、ここも透明感は無いですが、まあまあまあな具合。
底に根があるか無いかが判らないので、ルアーは、とりあえずヒラメミノースペシャル115F
(^◎_◎^)v
1キャスト1歩移動でラン&ガンし、狙うポイントの端っこでルアーチェンジ。
サーフェスイング120F ハイパーゴールドへ。
白波の中はどこでバイトしてきても不思議はないので丁寧に。
そして、サーフェスイングの持ち味を殺さないようスローにリトリーブ。
で、何キャスト目か?
クリクリと引いてきたルアーに波打ち際の数mのところでゴン!引っ手繰るようなバイト。
アワセを入れ、リールを見るとスプールが回転してラインが出ています。
魚の引きの強さに比べて、スプールの回転速度が速すぎ
『ドラグ、ゆるすぎー!』
いつも適当なドラグの締め具合、今日はゆる過ぎたようです
(´▽`)
20151010_2.jpg
最後はいつものように寄せ波でズリ上げて・・・『おや!シーバスかい。』
やり取り中、ヒットした魚を想定していなかったので、ちとびっくり
(^▽^;)
魚を〆て砂に埋めてると近くで釣ってた地元おやじさんがやってきました。
『今日はコレしか上がってねぇゾ。だーれも釣ってねぇ。』
だったらしい。
※シーバスは水を入れたビニール袋に入れてもそっこー穴が空いてしまうので『砂埋め』で。

その後は、シャローを中心にG-Controlとかソフトルアーで残り物を捜索しましたがノーバイト。
ちょっと早いけど、シーバスがあるので下げ一杯の9時に午前の部終了。

午後の部はサーフの反対側を調査するので、早めの12時半スタート。
サーフに降りて、白濁りのフラットなサーフをてれてれと歩きます。
途中、澄み潮が少し入って、水に少し透明感があるポイントで裂波・アカキンをリトリーブするも沈黙。
ま、そうだよね。
だって流れは無いし、地形の変化はないし、釣れそうな雰囲気まーったくないもん。
『それにしても、濁りの中はボラだらけだな。
ずーっとボラ。
見えてないけど、たぶん100万匹だろ。』
“ヘ(゜▽゜*)
20151010_4.jpg
そのボラの群れ、時折、何かに追われたように逃げ飛び散る。
何か居る!?
その可能性もあるけれど、そこにキャストしてもボラがガンガンぶつかるだけで何かがヒットするわけでもなく、ボラを掛けたくも無いのでその後のボラボラポイントは眺めるだけで素通り。
そして、結構な距離を歩いたところで、水が澄んでて地形の変化のある面白そうなポイントを見つけて釣り開始。
20151010_5.jpg
奥の馬の背からのカケサガリがメインだけど、裂波だと微妙届かないので、G-Controlで。
一旦沈めてロッドを立て気味にして、ストップ&ゴーでリトリーブ。
あまり沈めすぎると根掛かる可能性ジャンプアップなので、このサジ加減が難しい。
こんな感じでラン&ガンするも、まったくもってノーバイト。
数人居るアングラーにもそれらしい雰囲気はなくダメっぽい。
20151010_6.jpg
『3時半過ぎたか・・・
読みではこれくらいまでには!だったんだけど。
周りもだし、朝のポイントに戻るかな。
シーバス釣り上げる前、小魚跳ねたし、
シーバス入ったってことはベイトが居るってことだし。』

ってことでガシガシ歩いて大移動。
ここからあっちまで、たぶん親父さんでもやったことあるかないか、じゃないかな?
( ̄ー ̄)b

が、あっちに着いてみて
( ̄□ ̄;)!!
『そうだ、上げ潮&満潮は濁るんだった・・・』
テンションがた落ち
_| ̄|○
も、小雨降る中、日没まで粘って撃沈
(・.・ )

ま、次回に繋がる釣行ができたんでマル。
20151010_7.jpg
水温 : 21度
ルアー: ジャンプライズ サーフェスイング 120F ハイパーゴールド
ヒット時刻: 06:51
特記事項: 見た目からして美味そうだったけど、食べてみたら、ちょーべりべり旨し!!
これから卵巣等に栄養取られて味が落ちていくんだろうけど、この時期のシーバスがこんなに旨いとは思わなんだ。
2015/10/03 茨城県央
木曜早朝に、豪雨がダーッ!
(〇o〇;)
この悪天候で状況読めず、釣行先がなかなか決まらない。
土曜6時に一旦起きて、早朝の静止画とか動画とかをチェックするも、行きたくなるようなポイントが見つからない。
ってことで、もうひと眠り
(-_-).。o ○
8時過ぎ、ひらぼうさんの電話で目が覚めた。
県央は悪くないんじゃないか?と言うひらぼうさん。
調べてみと、確かに県央方面の雨は鹿島灘方面の半分。
これなら濁りは薄いかも・・・ってことで茨城県央へGo!
20151005_1.jpg
駐車スペースの目の前、もっと流れが弱ければ、とーっても良い離岸流なんだけど、ちょっと早目。
この感じは、あまり好きなタイプの離岸じゃないけど、他にポイントもないので30分ほどあれこれ。
でもやっぱノーバイト。
ちょっと付近を見て回り、どこもかしこもブレイクの遠い遠浅サーフばかり。
ちょっとした離岸を見つけても、先ほどと同じよう流れが早く、ここ数日の状況から考えても・・・
『この離岸には入ってないっしょ!』
結局なんやかんやでヘッドランドの上から。
20151005_2.jpg
ヘビーシンキングミノー、ソフトルアーのローテーションを繰り返し、静ヘッド14g+ケイテック イージーシャイナーのワカサギで、ブレイクの裏のポイントを少しずつずらしながらキャストしていきます。
濁りが少し入っているので、海底の視界が悪いと思い、ボトム付近をゆーっくりとただ巻き。
と、ガゴッ!
ヒット!!
20151005_3.jpg
マゴチ55cm
(*^▽^*)
2匹目・・・は、居ません。
居るのは産卵前。プリスポーンのとき。
その後も結構粘りましたが、日が翳ってきたので撤収!!
と思いきや、最初の離岸流をもうひと流し。
20151005_4.jpg
ノーバイト。
しかも、ゴミバイトにアワセてしまって、ヒラメミノーⅢをロスト。
やらなきゃよかった
(* ´Д`*)=3
夜はひらまろコンビと合流->夜釣り->宴会->マイワシを食す->美味っ!!
ってことで、翌朝はサビキング。
くまもっさんも加わって、4人で20cm前後のマイワシを約80匹
ε=ε=(/*~▽)/
何じゅう人も居る中、こんだけの釣果叩き出してんのはうちらだけ。
サビキ釣りもコツが分かるまでは釣れてくれないもんなんだなと痛感!
疑似餌釣りは、なんでも奥があるネ!
( ̄ー ̄)b
釣果のマイワシは均等分配して終了っ!

ちなみにマゴチは産卵後でしたが、タラコを2周り小さくしたような卵巣をすでに持っていましたよ。