プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
2017/06/18 茨城県央
土曜早朝、タックル等々を車に積み終え、エンジンをかける
・・・
しーん
・・・
バッテリーが上がってました
(^▽^)v
1か月乗ってなかったしね。
※長期間乗らないのがわかっている場合は、バッテリーのマイナス側を外しておくのがいいそうです。

はいはい、ってんで午前中にバッテーリーを載せ替えまして、夕マズメ狙いで出撃・・・
いやいや、その日は風が良くないのがわかっているので、
『結構釣れてます!』
みたいな話がないと、わざわざ行く気にはなりません。
ってことで、鹿島灘に出撃していそうな友人に連絡。
も、返ってくる回答は『ゴミが多い』
結局、土曜はオフ。
20170617_1.jpg

ってことで、久々の日曜出撃!
やってきたのは、ゴミが多い鹿島灘は避けての、茨城県央サーフ。
まずは、目についた離岸流を目指して歩きます。
そして、波の立ち方&崩れ方を眺めつつ、状況分析。
『この風じゃ、あの離岸流のブレイクまで届かないような・・・
この横ヨブは浅いけど、底荒れしてる雰囲気はないね、
離岸流本流よりは、流れが安定してるこっちか?』
20170618_1.jpg
ルアーは、浅い、透明度低め、光量少な目ってことで、サーフェスィング147Fのサンライズチャートを選択。
左前から風が吹いているので、狙いのポイントの少し左側を狙ってキャストします。
流れの状況を知りたいので、先ずは、ゆっくり目にリトリーブ。
20170618_6.jpg
さっきのリトリーブ速度だと波に負けてる感じなので、次は、さっきよりも少し早めにリトリーブ。
で、いきなりの
ゴン!
なかなかの重量感
( ̄ー ̄)b
時折、バタバタと力強く逃げるヒラメ。
そのダッシュにラインが出されて
o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o 楽しーーーっ!
これが、シャローヒラメ!!

最後はロッドに重みを乗せてギューッとズリ上げ
o(^o^○ 53cmゲット!
20170618_2.jpg
↓(釣ったポイント)
20170618_3.jpg
写真を撮り終え、プライヤーでフックを外そうとしたとき、
ヒラメが思いっきりバタバタと!
痛っ!
親指から血がしたたり落ち・・・
20170618_4.jpg
爪の下の状態はわからないけど、ま、血が止まったんで、絆創膏4枚でテーピングして釣り再開
(^。^;)

でも、その後は、結局ノーバイト。
終~了
(^-^)/゛
20170618_5.jpg

潮色 : やや濁り
水温 : ―
釣果 : ヒラメ 53cm
ルアー: JUMPRIZE サーフェスィング 147F サンライズチャート
ライン: よつあみ G-soul X8 1号/ リーダー: TORAY 銀鱗 6号
ロッド: JUMPRIZE ALLWAKE 105 MULTI
リール: SHIMANO STRADIC 4000
ヒット時刻: 4:44
ヒット場所: 横ヨブ
特記事項 : 近くのヘッドランドで釣りしてたひらぼうさんとマロちゃんのサビキには、小鯖がパーフェクトでぶら下がったらしい。



ケガの状態
ケガ!?
ケガしてたんか?
と思われるでしょう。
ええ、したんです。
思い起こせば半年前、釣りを始める直前に、段差に躓いて、転んで、アゴを強打して流血して・・・
その時は、痛みにも、流血にも耐え釣りしたんですが、躓いたときのきっかけとなった左足の親指、これはず~っと痛かったんです。
でも、やっと痛みが消えました。
これで、今まで以上にバリバリにラン&ガンできますわ
( ̄ー ̄)v
20170610.jpg
↑2017/6/10の親指の状態
メタルジグ用フック
2016~2017初夏時点で、私がメタジ用に使用しているフックをご紹介。
それは、がまかつ 『真鯛王』
メインで使っているのは10号ですが、12号も使います。
20170605_1.jpg
ゲイプ(ふところ)も広く、軸も太い!
このフックをメタジ用のアシストラインと、メインラインを交換したときに出る古いほうのPEラインを使って巻いてます。
最後は、熱伸縮チューブでキュッと!
20170605_2.jpg
↑は、真鯛王10号と、カルティバST-46 #4との比較です。
使用後は毎回水洗いしてるので、なんとも言えませんが、サビにも強いような気がします。
オススメです!