プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
2013/12/29~31 外房~南房
日の出前に着きゃいいや。
って感じでアラームかけて家で寝たら、目が覚めたの朝6時。
完璧に寝坊。
アラーム鳴らなかったんじゃん?
って机の上に置いたアラーム見たら、ありません。
探してみると、枕元にありました。
二度寝したみたい
(*´0)ゞ
で、出発です。

1箇所目、思ったよりも波が高く底荒れの様子。
それでも数時間ラン&ガンして、フグのみ。
20131229_1.jpg
車に戻っていると、O氏殿から電話。
『ハンバーガー食わない?』
だって。
で食べたのがコレ、チーズバーガー。
20131229_2.jpg
美味~い!!
バンズも具もソースも絶妙なコンビネーション。
露店だからと侮るなかれ、美味いです。
※勝浦の有名サーフの駐車場南側にワゴン車で出店してるあのハンバーガーです。

で、夕方はそのままサーフで竿を出し、ノーバイト。
20131229_3.jpg

その夜、あまり行かない北方面の状況が知りたいので、まあさんに連絡。
北方面の状況を教えてもらいました。
さらに、O氏殿のスマホで見たNOAの水温図。
翌朝はこれらの情報から導き出したポイントへ行くことにして、その近くのコンビニの駐車場で就寝。
(-_-)zzZZ
午前3時半、鼻が冷たくて目が覚めました。
携帯の温度計を起動してみたら0.1℃です。
0℃じゃなくて助かった
(≧∇≦) なんとなくだけど。

そしてポイントへ。
打ち寄せる波がパワフル。
その波が作る波足からは、湯気がもっくもく。
<動画>
20131230_1.jpg
O氏殿なんて、まるで山頂から雲海の中にむかって釣りしてるみたいだし。
20131230_2.jpg
太陽が昇ると、その湯気が金色に輝いてエネルギーをもらった感じ。
暖ったけー
20131230_3.jpg
釣りのほうは、ノーバイトでした
(><;)!!
帰り際、駐車スペースから海を見ると、あっちは湯気が立っておらず海面が真っ青に見えました。
あれが水温の境界線。
あっちが冷海水。
NOAで見たとおりです。
20131230_4.jpg
その後は南下して、誰も居ないいくつもある絶妙な離岸流を叩き放題叩いて・・・
ノーバイト
(x_x)
海から生命感が感じられなかったのが敗因かな?
シーズンなら沢山釣れるでしょ!
20131230_5.jpg
また来ます!!

さて、O氏殿が南房に来ているヒロさんに連絡。
『今朝は釣れてたらしいよ。』
と言うので、私も連絡。
『何十人もずら~って並んで、確認できたのは数枚だよ。確率低いよね~。
そうそう、りょうさんが60UP釣ったよ。』
とのこと。
で、O氏殿と作戦会議。
『当たりのあるかないかわからないくじを引きに行くか、それとも、
確率は低いけど、当たりが入っていそうなくじを引きに行くか?』


どっち?

『当たりのはいっていそうなくじ』
ってことになりました。

さて翌朝、温度計の温度は3.3℃。
さすが南房、気温が下がらないのは海水温が高いからかな?
( ̄ー ̄)b
翌朝、サーフに立ちます。
確かにずら~~~~~っと。
20131231_1.jpg
で、干潮の潮止まりまで竿を出してノーバイト。
朝確認できたのは、ヒラメを釣った人3人。
内50UPを2枚釣った人が1名。
確実にヒラメサイズを釣った人が1名。
ソゲかも?って人が1名。
他にマゴチを釣った人が1名。
カスザメが1名。
です。
当たらなかったけど、当たりくじ入ってましたね
o(*≧д≦)o″

早めの昼食を取り、午前11時半にサーフヘ。
見える範囲にアングラーは、数名。
釣り放題
σ(^¬^)
と、先に居たアングラーにヒット!
なかなかの大物の様子。
も、波間に見えた姿を見て意気消沈した感じ・・・
ズリ上げた姿を見て納得。
カスザメ~
(‥、)ヾ(^-^;)

そしてあっちウロウロ、こっちウロウロとラン&ガン。
そのうち、O氏殿からメール。
『セブン行ってくるわ。』
『りょーかい!』
で、なーんの変哲も無いけど、あっちよりは水色が良くて、小さいベイトも居て、流れもあって・・・
そんなポイントで、あのルアーやこのルアーなどなどで小さくラン&ガン。
20131231_2.jpg
『ルアーは何がいいのかな?潮位高めで・・・
りょうさんが昨日釣ったってことは、大会中と同じNORIESのSPOON Tail Shadでリフト&フォールかな?
そういえば、今朝ヒラメを釣ったアングラーもリフト&フォールだったっけ。
さっきカスザメ釣った人もリフト&フォールだったね。
ってことは、遅めのアクションか・・・
ベイトは小さいし・・・
でも、リフト&フォールじゃ食ってこなかったんだよなー、
それでもリフト&フォールで攻め続けようかな?
あっ!メタジ!
このメタジ使ってみよう。』
ボトム付近をゆっくりと、ひらひらと・・・
で、2キャスト目。
ボトム付近をイメージしてゆーっくりとリトリーブしていると、
ゴン!
すかさずアワセます。
が、スカーっとロッドに重み乗らず・・・
( ▽|||)
も、素早く回収したりせず、焦らずそのままフォール&リトリーブ・・・
ゴン!
ゴゴンゴンッ!

グッ!と久しぶりに力強くアワセます。
グーっとした引き、乗る重み
(V^-°) ヒット!!
なかなかの重みを感じつつ、あせらず素早く慎重に。
そして、ちょうどいいタイミングの寄せ波でズリ上げ。
20131231_3.jpg
肉厚53cmの当たりくじ引けた。
o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
っしゃーっ!
<ポイントの動画>


その後は、O氏殿も戻ってきて・・・
20131231_5.jpg
私のほうは、釣った後に少し竿を出しましたが、疲れたし満足感ありありなので高みの見物。
( ̄∀ ̄)
20131231_7.jpg

ってことで2013年の釣りは、終了!!
いや~、今年はいい釣り納めができてよかった良かった。
20131231_6.jpg

さて、2013年のヒラメ釣りも終わったっつ~ことで、今年も前年のヒラメ釣りの釣率を計算してみたいと思います。
ヒラメ釣りに行った回数は23回。
その内、ヒラメを釣った回数は7回。
ってことで・・・
つまり・・・
やった!
釣率3割越え!!
ヘ(⌒▽⌒ヘ)(ノ⌒▽⌒)ノ
2年連続で3割越え!!
m(uu)m
みなさま、ありがとうございました。

天気 : 晴れ
潮色 : 澄み
水温 : ?度
釣果 : ヒラメ53cm 1.5kg
ルアー: ダイソーメタルジグ 28g / 裏表別のオリジナルカラー
20131231_4.jpg
ライン: POWERPRO 10lb USA/ リーダー: TORAY 銀鱗6号
ロッド: SHIMANO LUNAMIS S1000
リール: SHIMANO BIOMASTER 4000HG
ヒット時刻: 14:30
ヒット場所: ヨブ
特記事項 : ベイトは波打ち際にたくさん。鳥は、素通り。

ちなみに↓が、今回の釣行で使ったルアー全て。
20131231_8.jpg

コメント

あけましておめでとうございます。
良き釣り納め素敵です!

ここで一つ質問が有ります。写真のメタジのアシストフックですがエッジ部分の
アシストラインの処理が表ではなく背中側にあるように見えるのですが、バレや
すくならないのですか?
自作アシストにハマってて色々試してるのですごく興味があります。
[2014/01/01 23:55] URL | GOMA #- [ 編集 ]


GOMAちゃん、こんばんは
>バレやすくならないのですか?

 腹側じゃなく、写真のように背側にあるほうが『バレやすい』です。
 理由は、背側にあるフックと腹側にあるフックのハリ先を指で押してもらうと判るのですが、腹側にある場合よりも背側にある場合のほうがハリ先が逃げる度合いが大きいんですね。その分、貫通力が弱まります。だからバレやすくなります。
 じゃーなぜこのフックを使っているんですか?
 巻きなおすのも、交換するのも面倒だからでーす (´ー`)

 『全ての事象には必ず理由がある』 by 湯川学
[2014/01/02 01:45] URL | おに #- [ 編集 ]


早々の回答ありがとうございます。
>巻きなおすのも、交換するのも面倒だからでーす (´ー`)

・・・数少ないヒラメとのコンタクトに備えての装着理由としては驚きの回答でありました!おにさんの気持ちの余裕を感じます。さぞかしジグの動きもナチュラルなのであろうと・・・。
殺気ビンビン出まくっている自分はアシスト完璧、されどコンタクトなし(笑)
[2014/01/02 10:50] URL | GOMA #- [ 編集 ]


>おにさんの気持ちの余裕を感じます。

 釣ろう!って気持ちよりも、メタジの動きをイメージしてたかな?
 ルアー通されまくりのポイントだからさ、ルアーにスレてきてるかもしれないじゃん?だからミノーみたいな派手なアクションじゃなく、なるべく地味に動くようにイメージしてたよ。
 色もギラッギラッじゃなくて、アルミ張りのザラザラ加工にしてるからチラチラだしね。
 ルアーにスレてきてるヒラメには、ナチュラルさが効果あるのかもね?
[2014/01/02 23:18] URL | おに #- [ 編集 ]


しかし、
なんじゃこのカラーリングは
表裏別色はわかるが
この幼稚園児の超力作っぺー
水玉仕様、
これは絶対見たことないはず
きっとこれが現象の理由だ!
つーこで、パターンを踏まえた
うえ、更にオンリーワンな刺激要素
が重なり初めてバイトに持ち込めた
という、ハイレベルな釣りを制したのか、
ひとくくりで言っちまえば
たまたま間が良かったで済んじゃうけどね。
まあワシにもあのオヤジにも釣れなかったことが証だな。

[2014/01/05 10:51] URL | O氏 #- [ 編集 ]


>たまたま間が良かったで済んじゃうけどね

 たまたまなのか、何かヒラメのスイッチを入れるものがあったのか?
 これが解ると、正解が見えてくるけど、大量に釣れる魚じゃないから判断が難しいよね。
 ゆえに、ヒラメ釣りは楽しい。

 あのカラーリングは、緻密な計算の元に描いてみたんだが
 ( ̄ー ̄)b

 
[2014/01/05 21:17] URL | おに #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hirameppari.blog.fc2.com/tb.php/55-576e619b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)