プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
2017/10/28 南房
サーフで釣りがした----い!
o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

釣りになるか?ならないか?
ウネリの向き、台風からの距離、台風の勢力を熟考す…
( ̄へ ̄|||)
微妙な判断だけど、南房へGo!
( ̄ー ̄)b

朝マズメは、ブレイクする波の数が他よりも断然少なくて、水深が一番深そうな流れ込み付近を攻めてみます。
20171028_1.jpg
ルアーはサーフェスウィング147F。
キャストすると追い風の乗って
バビューンー!

まずはクリクリとただ巻き。
途中から横流れをリップが掴んで、ツッ!と少し重くなりました。
そのままただ巻きを続けてると、こんどはボトムノック。
浅いです
(´・ω・`)
でも、曇りなので今日はOK!

でもキャストしても、キャストしても、何度キャストしても小魚が立てる波紋や跳ねが見受けられません。
だからといって辺りを見渡してみても、それほどいいポイントは見当たらないし。
20171028_2.jpg

流れ込み、弱い流れ、ベイトっ気無し…
この条件のこのポイントで粘るべき?それともラン&ガンすべき?
リトリーブしながら考えます
(^o^)b
『久々のサーフじゃ!
アングラーも少ないし、ラン&ガンしよう♪』

ブラブラと打ち上げられたゴミと海の様子を眺めながら歩いてると、離岸流まで発達はしてない、巨大な吐き出しの縦潮流めっけ!
20171028_3.jpg
これで水深が1mくらいにでもなってれば離岸流なんだけど、寄せ波がなくなると水深30cmくらいしかなくなっちゃうからね
(^_^)

あれこれキャストしますがノーバイトが続くので、少し遠めを攻めてみようと思い、ぶっ飛び君のオレンジベリーを選びます。
曇りの日のオレンジベリーは映えますからね~。
ちなみにJUMPRIZEの定番カラーで私が一番好きなのは"バナナフラッシュレインボー"です。
オレンジベリーが映えますからね
(^-^)b

ぶっ飛び君をバビューンとキャストして、着水&着底。
そこから
シャッ!
としゃくってショートジャーク
一瞬止めて再びシャッ!っとショートジャーク
↑もう1回
の後にテンションフォール・・・

次のキャストもバビューン!とぶっ飛び君をキャストして着底待ち。
今度はロッドを立て気味にしてただ巻きリトリーブ、からのテンションフォール・・・
少しずつ移動を繰り返し、こんな感じでこの巨大な吐き出しの先のブレイクの奥を攻めていきます。
20171028_4.jpg
山田くんが合流してきても止めません。
ジャーク×3で、
フォーーール
クリクリクリクリで
フォーーール
ジャークジャークジャークで、
フォーーール
クリクリクリクリクリで
フォーーール
ジャーク…
クリクリ…
フォーで

ドン!

キターッ!
重量感、キターッ!
ゴミ?ゴミじゃないよね!?
うんうん、
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)♪
ゴミじゃない!
キターッ!
\(^▽^)/
47cm
20171028_5.jpg
20171028_6.jpg
20171028_7.jpg

その後は山田君も私もノーバイト。
他のアングラーも誰も釣れていないので、潮位が高くなり、攻めきれなくなったところで終了!

で、山田君はJUMPRIZEのプチボンバー70Sのスイミングテストをしに港へ。
私は今日もまったく寝ないで釣りしてたので
m(uu)m ゴメン

で、睡眠ポイントへの移動中に山田君からメールが…
『プチボンバーで、52cmのカンパチGET!
井上氏が”エサだ”って言ってたのもわかる。』
だってさ。
山田くん、おめでとう
m(uu)m
20171028_8.jpg

潮色 : 澄み
水温 : 20度
釣果 : ヒラメ 47cm
ルアー: JUMPRIZE ぶっ飛び君 95S 銀粉ピンクキャンディーOB
ライン: よつあみ G-soul X8 1号/ リーダー: TORAY 銀鱗 6号
ロッド: JUMPRIZE ALLWAKE 105 MULTI
リール: SHIMANO STRADIC 4000
ヒット時刻: 6:24
ヒット場所: 縦潮流
特記事項 :サーフでは、他には誰も釣れてなかった。

動画の右側に一瞬だけ映るのが山田くん。

2017/9/9 九十九里
今回も寝ずに釣行へ
(^o^)/
そして、あさイチに入ったサーフ、よ~く見ると水色が悪すぎ。
ってことで、早々にちょっぴり移動。
20170909_1.jpg
2か所目も水色は良くないですが、多分、これなら許容範囲!
九十九里なら、許容範囲なはず!です。
ポイントは浅めのヨブなので、ルアーはこれしかない!
サーフェスウィング147F サンライズチャート。
20170909_2.jpg
弱い横流れ、沖でブレイクした波がヨブに白波を広げたタイミング、ぐちゃぐちゃとした海面が落ち着いたタイミング、それらを待ってキャストして、ロッドを立て気味にスローリトリーブ。
ちょっとすると右のほうで1枚上がったみたいで、釣った人がビニール袋を持って波打ち際に走っていきました。
20170909_3.jpg
そしてその数分後、、カッ!っと固い感じのショートバイト。
『ヒラメじゃん?』
と思われる歯の当たったような感触。
そのまま立ち位置を変えず、キャストを繰り返していると、
ドン!
すかさずアワセを入れ、グッとロッドに重みが乗っ
(・_・) ?
た瞬間に軽くなりました。
アワセ切れです(なんでかな~?)
(><;)
その後、左隣で1枚釣れましたが、それがこのポイントの最後の1枚でした。

潮が引き、かなり浅くなってきたので、ポイントを移動します。
↓こんなポイントや・・・
20170909_4.jpg

↓こんなポイント・・・
20170909_5.jpg

でもどこもパッとしないので、また元に戻って
『疲れた~』
って、ちょっと休憩。
5分くらい寝落ち (_ _).。oO
20170909_6.jpg
最干潮11時過ぎ、午前の部は終了です。

夕方は、すずZANさんと合流し、朝イチのポイントへ。
濁りがひどかったんじゃないかって?
これが九十九里マジック!
↓この通り澄んでます
(^○^)
20170909_7.jpg
でも、私たちにゃーノーバイト。
先行者のアングラーが昼頃にソゲを釣っただけでした。
20170909_8.jpg
ってことで終了~!

2017/8/15 外房~南房
夏休みは8/11からの6日間。
でも前半の茨城は波が高めだったので、仕事の疲れを取ることに専念。
アシストフック作ったり、タコエギ作ったりで過ごしました。
そして後半、期待に反して波高し
(><;)
しかも、どこからも釣果報告も全く入ってきていし・・・
ってことで、何か釣れればと期待して、波の高くない房総へ行ってきました。

あさイチ、シロギスでも寄ってきていればと期待してサーフイン。
手前のヨブをソフトルアーで、奥のかけ下がりをぶっ飛び君やメタジで攻めますがノーバイト。
20170815_1.jpg
途中、一瞬だけ見えた青空にやる気をもらいラン&ガンを再開しましたが、ノーバイトです。
20170815_2.jpg
一人だけいたシロギス師に釣果を聞きますが、全く釣れてないようで・・・
20170815_3.jpg
ポイントを移動しましたがまったくバイト無しなので、サーフの釣りは午前中で終了
┐(´~`;)┌
20170815_5.jpg
午後は、車ですれ違ったよ!とわざわざ電話してきてくれた兄邪の情報をもとに港を攻めます。
も、エンピツカマスが遊んでくれただけで、他は何も釣れませんでした。
港に居た地元親父さんも、『魚居ないんだよ!』と言ってたので、釣れてないんでしょうね
ε= (-.- )

2017/5/3~5/4 南房
海へ向かっているとき、茨城のアカハラ君がGWに房総に来ると言っていたのを思い出した。
で、南房の状況をメールしてみると、『今、向かってます。』との返信が。
『じゃ、一緒にやりますか!?』
ってことで、アカハラ君との釣行決定!

サーフに降りると、無風で、べた凪。
のっぺりとした海面は、いかにも魚が出そうな雰囲気を漂わせていて、
『よっしゃ~!!』
٩(๑>∀<๑)۶ って気持ちにさせてくれます。
サーフを見ながら歩いていると、アカハラ君が気になる場所を見つけたので、そこで竿を出し始めました。
私は、もうちょっと先の状況を見たいので、海を見ながらのんびりと歩きます。
で、この↓ポイント。
シャローからのかけ下がりで、離岸流へ向かう横流れポイントです。
『ルアーは、サーフェスィング147F・・・いや、オレンジベリーは持ってないから、ここは裂波だな。』
ってことで、この状況に最もマッチしてそうな裂波120のオリカラをチョイスしてファーストキャストします。
20170503_1.jpg
で、1秒1回転のスローリトリーブに、いきなりの
ゴン!
35cmくらいのソゲ。
でも、うれしい。久しぶりの魚だもんね
ヽ(´∀`)ノ
20170503_2.jpg
その後は、あちこちラン&ガンしますがノーバイト。
人が減ったタイミングで、朝はたくさんのアングラーで混雑していたポイントに入ります。
もちろん散々たたかれているので、期待は薄いですが・・・
『水は澄んでて、空はピーカン・・・ま、居るなら吐き出しの砂濁りの中か、白波の下だろうな~?』
と考えて、そんな場所を重点的に叩きます。
20170503_3.jpg
で、離岸流横の白波の中をサーフェスィング120Fでクリクリしてると
ゴン!
こちらもヒラメには届かずの36cmのソゲ。
でも、やっぱりうれしい
ヽ(´∀`)ノ
20170503_4.jpg
その後は、2人ともノーバイトのままで一旦終了し、午後は、別なポイントで釣り始め。
でも、全然魚っ気が無く時間だけが過ぎ・・・
このポイントで最後にしようと思い、ぶっ飛び君 サンライズチャートをキャストし続けていると、波のブレイク裏で
ゴン!
20170503_5.jpg
全然引かないただ重いだけの感触でしたが、
『全然引かないので、途中まで海藻だと思っていました。』
って釣ったゾ!のコメントを思い出し、
σ( ̄、 ̄=)
『これもそう!きっとそう!ヒラメでしょ!』
って、ヒラメと信じて寄せていると、海面に浮かぶ茶色い塊。
『ん?
ナニ?
ヒラメとちゃう。
ソイ????』
なーんて思いながら、ズリ上げ。
ズリ上げてみると、その正体は、ランカーアカメフグでした
(^▽^;)
20170503_6.jpg
で、この日は終了して、翌朝に備えます。
その前に、浜ちゃんにメール。
『茨城から友人が来てるんだけど、本日の良い情報入ってない?』
と、いつもは聞かないけど、アカハラ君のために聞いちゃいました。

で、結局、前日の朝と同じサーフ
(〃≧∀≦)
状況も前日と同じようですが、でも、今日は海面に小さな波紋が立ちます。
そう、浜ちゃん情報の通り、ベイトが入っていました。
さらに、時々、シーバスか青物が立てる水しぶきが上がり、海の活性が上がっていることを感じられます。
『今日は釣れそうですね!』
とアカハラ君もその気です。
20170503_7.jpg
で、しばらくするとアカハラ君にヒット!
飛び過ぎダニエルにヒットしたのは、シーバス。
アカハラ君、やったね!
20170503_8.jpg
でも、その後は今年の房総の低活性を物語るようにノーバイトの時間が続きます。
少しずつ、少しずつラン&ガンして探りますが、ただノーバイトが続くのみ。
『右に進めば、もうちょっと深くなって地形もよくなりそうだけど、
さっきやってた左側のほうがベイトっ気があったよな~
地形をとるか、
ベイトをとるか・・・
やっぱベイトたよな。』
ってことで、朝イチに立った場所に戻ってキャスト再開。
20170503_9.jpg
『浅いからってメタルジグ主体で攻めてるからダメなんじゃ・・・
かといって、タイドミノー 145SLD-Fでも、
アクシオンでさえも底擦っちゃう地形だし・・・
ぶっ飛び君も、この状況だとレンジキープが難しいしな・・・
浅くても、早くも引けて、ゆーっくり見せることもできるルアー・・・
ミディアム・・・ミディアムがあるじゃん!』
ってこで、唯一1本だけ持ってた”ぶっ飛び君 ミディアム ウェーブキャンディーグローベリー"をチョイス。
で、ミディアムの1投目。
20170503_10.jpg
サミングして、着水、糸ふけ回収のフォール・・・で、いきなりの
ゴゴゴゴンゴン!
来た!!
( ̄0 ̄)
ギュッ!とアワセて、ファイト開始!
なかなかの重量感に、思わずの笑み
(*'ー'*)
『そうだ、ロッドのインプレ書くんだよね~
うんうん、こんな感じでカーブしてるんか・・・』
なんてロッドのしなり具合を確認したりして、ズリ上げ~!
ガッツリとぶっ飛び君をくわえて上がってきたのは50cmのヒラメ
20170503_11.jpg
っしゃー!!
ヽ(^◇^*)/
20170503_12.jpg
『そっかー、フォールか・・・
昨日も、今日も、浅いからやってなかったなー
フォールの釣りが有効なのね。』
ってことで、リフト&フォールで釣り再開。
ちなみに、アカハラ君は、あっちのほうにラン&ガンしちゃっているので、メールで一報だけ。
で、リフト&フォールすること数キャスト目に、再び
ゴン!
なかなかのファイトで釣れたのはマゴチ53cmでした。
20170503_13.jpg
その後は、戻ってきたアカハラ君と散々攻めましたが、ノーバイト。
私は、魚が心配なので、先に上がって魚をクーラーへ(ただの発泡スチロールの箱ですがね)。
1時間後に上がってきたアカハラ君、
『いい魚、バラシちゃいました。』
(><;)
で、午前の部は終了。

午後は4時から、同じポイントで始動。
左前からの強風に耐えながら、キャストしまくりましたが、ノーバイト。
20170503_14.jpg
午後は、シーバス2本、マゴチ1本が周辺で上がっただけでした。
(↓のセンターは、アカハラ君)
20170503_15.jpg
いやぁ、久しぶりにいい釣りできた
(^▽^)

潮色 : 澄み
水温 : 16℃
釣果 : ①ソゲ ②ソゲ ③ヒラメ 50cm
ルアー:
 ① ima sasuke 120 裂波 オリジナルカラー(プロト)
 ② JUMPRIZE サーフェスィング 120F スケスケフラッシュ左右非対称SP改
 ③ JUMPRIZE ぶっ飛び君 ミディアム 95S ウェーブキャンディーグローベリー
ライン: よつあみ G-soul X8 1号/ リーダー: TORAY 銀鱗 6号
ロッド: JUMPRIZE ALLWAKE 105 MULTI
リール: SHIMANO STRADIC 4000
ヒット時刻: ①4:50 ②9:28 ③6:39
ヒット場所: ①ヨブ ②白波の中 ③変化なし
特記事項 : ヒラメのお腹からは、7cm位のベイトが出てきた。

ポイントの動画


2017/4/22 南房~外房
明るくなるのが早くなってきたので、ちょっと残業すると、寝ずに釣行へ行くことになる。
今回も、やっぱり寝ずに釣行へ。
全体的に水温低めの房総。
SALT MANにもイワシ接岸の話は載ってなくて、かなり期待は薄め。
でも行く場所は決めないとならんので、悩んで悩んで、
「少しでも水温の高いところ」
ってことで南房へ。

サーフに着いてみると、毎年のことだけど、田んぼからの水が流れ込んで、全体的に茶色め。
でも、風はなく、波も穏やかで、海面がまったりとしていて、いい雰囲気♪
20170422_1.jpg
でも、釣れない!釣れない!
20170422_2.jpg
あっちのサーフ、こっちのサーフと移動して、釣った人も見なけりゃ、ベイトの影すら見かけない。
20170422_3.jpg
夕方は、数年ぶりに入る磯サーフ。
浅いけど、思ったよりも感じがよくて、Fミノーとメタジで攻めまくり。
最後は、ゴン!って根掛で、メタジをロスとして終了!
20170422_4.jpg
釣れない日々が続きます
(v_v)