プロフィール

おに

Author:おに
HP『ひらめっぱり』の釣行記。ひらめのルアーフィッシングをメインに、茨城や房総へと釣行しています。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひらめっぱり釣行記
ひらめっぱりの釣行記をBLOGでご紹介。
2017/12/2 九十九里&南房
朝7時過ぎ、九十九里サーフに到着。
いくつかのサーフを見て回るも予想以上に波が高くてガッカリ
(>_<)
99アングラーに連絡を入れると、北上すれば波が小さくなるとの情報を頂きます。
20171202_1.jpg
家を出る前に見たナウファスは確かに北ウネリ。
北上で波がサイズダウンするのに納得して、北のサーフへ。

目的のサーフで準備していると、ローカル散歩おじさん登場
(≧∇≦)
隣の海水浴場から歩いてきたらしく、ここに来るまで誰も魚を釣ってなかったと教えてもらいます。
とはいえ、可能性はゼロじゃないので、カニ師の上がった離岸流をメインにロッドを振りますがノーバイト
(T_T)
20171202_2.jpg
なんとなく足に伝わる水温が冷たいので温度計で測ってみたら13度
(^_^;)
ちーとばっかしやる気を無くし…
・急に下がった水温
・ベイトの気配なし
・エサを探す海鳥もなし
同じ13度でも安定してた13度で、ベイトが居るようなら粘るべきなんですが、良くない条件3連発なんで、99サーフ撤収!
北ウネリということもあって、一気に南下を決めます。
山道に入り移動すること2時間、南房サーフに到着
(^_^;)v

20171202_3.jpg
昼寝の後に準備してると、駐車場に兄邪登場
(^-^)
最近の状況を教えてもらいます。
ま、簡単に言えば、
・釣れてない
・ベイトもいない
ってこと。
で、このサーフと…
20171202_4.jpg

移動したこのサーフを暗くなるまで攻め続けてノーバイト。
20171202_5.jpg

さらに、夜ヒラメを狙って外房サーフへ移動して最干潮まで攻めましたが、やっぱりノーバイト。
20171202_6.jpg

なんかね、生命感がないんだよね~
でも、活性の高いヒラメが、波打ち際に寄る可能性はゼロじゃないんで、今のところは、そんなヒラメを狙ってロッドを振るしか無さそうです。

2017/11/25 九十九里
仕事が忙しくて帰宅時間が深夜1時近くってのが続いてて・・・
週末休んで釣り行きたいから、平日で仕事量こなさないとね
o(・`ω´・)○

でも土曜朝はサーフの状況が良くないと思い、家を昼過ぎに出発!
15時半過ぎ、予定よりも30分オーバーして99サーフに到着。
すずZANさんが昼過ぎから入っていて、46cmを1枚出したと連絡をもらっていました。

私は、まずエントリーポイントの正面から。
波は程よく、若干の濁り、流れは右から左へ。
20171125_1.jpg
ルアーはぶっ飛び君ミディアムのサンライズチャート。
水に透明感は無いので、ルアーがボトムから離れ過ぎないようにすることを意識して、リトリーブ&フォールを繰り返します。
少しずつ左へ移動していきますがノーバイトが続きます。
横流れの終点、離岸流付近に近づくにつれてルアーに掛かってくるゴミの量が増えてきたので、離岸流本流はちょっと攻めただけで終了。
20171125_2.jpg
だって・・・
『時間が無いンじゃーい!』
ここはゴミと遊んでいる時間はありません、さっさと釣れそうなポイントに移動!移動ッ!

すずZANさんに状況を聞き、すずZANさんを追い越してラン&ガン、ラン&ガン
└( ^o^;)へ

私の好きな雰囲気のシャローを見つけ攻めますがノーバイトは続きます。
20171125_3.jpg

そして、やっぱここだよね!
って感じの当初はすずZANさんが攻めていたポイント。
今はそこが空いていたので、そこに近づくように2~3歩ずつ攻め上がります。
20171125_4.jpg
ルアーは、日没後&やや濁りなので、この状況で最も目立つカラー、ピンゴールドOBのDUO アクシオンで!
キャストして、着底、ロッドをやや立て気味にして、リトリーブ。
ボトムから離れ過ぎないことを意識して、3~5回巻いてフォール、巻いてフォール。
そしてフォール中、
クククククッ
っと、引き波でボトムノックしたような微かな振動。
『ん?』
っと思ってアワセると、グーっとした重みがロッドに乗って
ヒーーーット!
ちょっと軽いなーと思いつつズリ上げると、44cmのヒラメさん
(V^-°)
20171125_5.jpg
20171125_6.jpg

その後、夜光虫が白波を青く染めるのを眺めつつ攻め続けましたが、すずZANさんにワンバイトあっただけ。
終~了!

当初から釣ったら帰る、釣らなかったら居残って日曜もって予定だったので、短時間釣行だけど撤収!
すずZANさん、朝寝坊さん、ありがとうございました。
20171125_7.jpg

潮色 : やや濁り
水温 : ―
釣果 : ヒラメ 44cm
ルアー: DUO BeachWalker アクシオン ピンクゴールドOB
ライン: よつあみ G-soul X8 1号/ リーダー: TORAY 銀鱗 6号
ロッド: JUMPRIZE ALLWAKE 105 MULTI
リール: SHIMANO STRADIC 4000
ヒット時刻: 16:40
ヒット場所: カケアガリ
特記事項 : 鵜が数羽群れていた。

11/3 茨城県央
台風による大荒れで、ヒラメ釣り向きに地形が変わっていれば?
と期待して、茨城県央サーフへ。

朝一、まず驚いたのが人の多いこと多いこと
( ̄○ ̄;)
何年も通っているけど、こんなことは初めて。
メディアの影響か、SNSの影響なのか?
取りあえずポイントを探して見て回りますが、期待してた地形のほうは変わってないし、波は想定以上に高いし…
(>_<)

ただベイトは居るようで、沖のブレイクでは鳥が刺しているのが見えます。

竿も出さずに移動してると、誰も攻めてない離岸流めっ~け!
20171103_1.jpg
この離岸流を裂波、147Fのミノーで端から端までじっくりと攻め、その後は、ぶっ飛び君や飛びキングで遠くの方を、最後はソフトルアーにバイブレーションで活性低めのヒラメを狙って…

ノーバイトです
(>_<)

鳥の移動していった遠くを見ると、何人かのアングラーがヒラメっぽくない魚を釣り上げた様子。
多分、ワカシかイナダかシーバスなので興味無く
(^_^;)

「さてどうする?
取りあえず、もっと潮位がさがるまで状況チェックか…
ヒラメは遅れてやってくるし。」

ってことで休憩兼ねてポイントチェック。
20171103_3.jpg
でも、どこに行ってもパッとしなくてさ
(-.-)

20171103_4.jpg
下げてからは、飛びキングメインでブレイクの奥の奥深くを攻めますが、何かのワンバイトがあっただけ
(^。^;)
20171103_5.jpg
最後は根掛かりでロストしたゃいました。ラス一だったのに
(T_T)
(飛びキングレポートはこちら)
20171103_6.jpg

ってことで、ちゃんと暗くなるまで攻めノーヒットのままヒラメ釣りを終了としたのでした。
20171103_7.jpg

JUMPRIZE 飛びキング 105HS
飛びキング105HSのプロトを使ってみて
◆飛距離は、 40gのメタルジグよりも出ます(向かい風約3m)
◆とにかく飛びます
20171105.jpg
釣ってないので私の話ではないですが、テスターの方の釣果写真を見て…
◆アシストフックは必要だと感じています
◆アシストフックは、写真のセッティングでメインラインに絡まったことは1度もありません
◆アシストフックサイズは大きいとルアーを抱いちゃいます
◆がまかつ 真鯛王 10号だと抱きません
◆テールフックはトレブルフックじゃないほうが無難です
◆トレブルだと着底時に砂を掴んでしまって浮き上がりにくくなります
◆テールフックもルアーを抱かないサイズが良いです
◆めちゃめちゃデカくするか、アシストと同じサイズが良いと思います
◆アクションは、ウォブンロールです
◆ぶっ飛び君、かっ飛び棒を使う状況じゃない時が、飛びキングの出番だと思います

2017/10/28 南房
サーフで釣りがした----い!
o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

釣りになるか?ならないか?
ウネリの向き、台風からの距離、台風の勢力を熟考す…
( ̄へ ̄|||)
微妙な判断だけど、南房へGo!
( ̄ー ̄)b

朝マズメは、ブレイクする波の数が他よりも断然少なくて、水深が一番深そうな流れ込み付近を攻めてみます。
20171028_1.jpg
ルアーはサーフェスウィング147F。
キャストすると追い風の乗って
バビューンー!

まずはクリクリとただ巻き。
途中から横流れをリップが掴んで、ツッ!と少し重くなりました。
そのままただ巻きを続けてると、こんどはボトムノック。
浅いです
(´・ω・`)
でも、曇りなので今日はOK!

でもキャストしても、キャストしても、何度キャストしても小魚が立てる波紋や跳ねが見受けられません。
だからといって辺りを見渡してみても、それほどいいポイントは見当たらないし。
20171028_2.jpg

流れ込み、弱い流れ、ベイトっ気無し…
この条件のこのポイントで粘るべき?それともラン&ガンすべき?
リトリーブしながら考えます
(^o^)b
『久々のサーフじゃ!
アングラーも少ないし、ラン&ガンしよう♪』

ブラブラと打ち上げられたゴミと海の様子を眺めながら歩いてると、離岸流まで発達はしてない、巨大な吐き出しの縦潮流めっけ!
20171028_3.jpg
これで水深が1mくらいにでもなってれば離岸流なんだけど、寄せ波がなくなると水深30cmくらいしかなくなっちゃうからね
(^_^)

あれこれキャストしますがノーバイトが続くので、少し遠めを攻めてみようと思い、ぶっ飛び君のオレンジベリーを選びます。
曇りの日のオレンジベリーは映えますからね~。
ちなみにJUMPRIZEの定番カラーで私が一番好きなのは"バナナフラッシュレインボー"です。
オレンジベリーが映えますからね
(^-^)b

ぶっ飛び君をバビューンとキャストして、着水&着底。
そこから
シャッ!
としゃくってショートジャーク
一瞬止めて再びシャッ!っとショートジャーク
↑もう1回
の後にテンションフォール・・・

次のキャストもバビューン!とぶっ飛び君をキャストして着底待ち。
今度はロッドを立て気味にしてただ巻きリトリーブ、からのテンションフォール・・・
少しずつ移動を繰り返し、こんな感じでこの巨大な吐き出しの先のブレイクの奥を攻めていきます。
20171028_4.jpg
山田くんが合流してきても止めません。
ジャーク×3で、
フォーーール
クリクリクリクリで
フォーーール
ジャークジャークジャークで、
フォーーール
クリクリクリクリクリで
フォーーール
ジャーク…
クリクリ…
フォーで

ドン!

キターッ!
重量感、キターッ!
ゴミ?ゴミじゃないよね!?
うんうん、
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)♪
ゴミじゃない!
キターッ!
\(^▽^)/
47cm
20171028_5.jpg
20171028_6.jpg
20171028_7.jpg

その後は山田君も私もノーバイト。
他のアングラーも誰も釣れていないので、潮位が高くなり、攻めきれなくなったところで終了!

で、山田君はJUMPRIZEのプチボンバー70Sのスイミングテストをしに港へ。
私は今日もまったく寝ないで釣りしてたので
m(uu)m ゴメン

で、睡眠ポイントへの移動中に山田君からメールが…
『プチボンバーで、52cmのカンパチGET!
井上氏が”エサだ”って言ってたのもわかる。』
だってさ。
山田くん、おめでとう
m(uu)m
20171028_8.jpg

潮色 : 澄み
水温 : 20度
釣果 : ヒラメ 47cm
ルアー: JUMPRIZE ぶっ飛び君 95S 銀粉ピンクキャンディーOB
ライン: よつあみ G-soul X8 1号/ リーダー: TORAY 銀鱗 6号
ロッド: JUMPRIZE ALLWAKE 105 MULTI
リール: SHIMANO STRADIC 4000
ヒット時刻: 6:24
ヒット場所: 縦潮流
特記事項 :サーフでは、他には誰も釣れてなかった。

動画の右側に一瞬だけ映るのが山田くん。